Windows XPサポート終了…更新プログラムの提供停止

 ついに現実となったWindows XPのサポート終了。2001年に発売開始され、10年以上にわたり支持されてきた基幹OSだ。本日2014年4月9日にサポート終了となるが、正確には日本時間16時でサポート終了となる。

デジタル生活 パソコン
Windows XPのサポートは16時で終了
  • Windows XPのサポートは16時で終了
  • Microsoft Security EssentialsのXP向け提供も終了
  • マイクロソフトサポートサービスのサイトでの記載
  • エフセキュアがあげた経過措置の例(公式ブログより)
 ついに現実となったWindows XPのサポート終了。2001年に発売開始され、10年以上にわたり支持されてきた基幹OSだ。本日2014年4月9日にサポート終了となるが、正確には日本時間16時でサポート終了となる。

 マイクロソフトサポートサービスのサイトには、Windows XP、Office 2003、Exchange Server 2003、SharePoint Portal Server 2003の「技術サポートの受付終了時間」について、「日本時間2014年4月9日16:00(太平洋夏時間2014年4月8日24:00)」と明記されている。

 この時刻以降、新しいセキュリティ更新プログラムの提供は行われなくなる。Windows XPからMicrosoft Security Essentialsをダウンロードすることもできなくなる。

 Windows XPを搭載したコンピューターを引き続き使うことはできるが、セキュリティやウイルスのリスクに晒される可能性が高くなるし、周辺ソフト・ハードメーカーのサポートも提供されない可能性がある。

 セキュリティ企業のエフセキュアでは、法人における一時的な経過処置として、「業務上インターネット接続が不可欠な端末以外はインターネットに接続させないようにする」「ゲートウェイ・レイヤでウイルス対策を行う」「危険なWebサイトへの接続の防止」「脆弱性攻撃を防ぐソフトウェアを導入する」「出口対策を実施する」の5点、家庭での対策として「代替となるブラウザをインストールする」「不要なソフトウェアを削除する」「プラグインを無効あるいはアンインストールする」「接続は常にNATルータ経由にする」の4点をあげている。

本日4月9日16時、いよいよWindows XPサポート終了

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)