文科省「宇宙たんけん」テーマに小中学生の作品募集

教育・受験 学習

宇宙の日コンテストポスター
  • 宇宙の日コンテストポスター
  • コンクールの展示の様子
  • 宇宙の日のマスコット星ノ介くん
 文部科学省は9月12日の「宇宙の日」の記念行事として、全国小・中学生作文絵画コンテストを実施する。4月25日から7月31日までの間、「宇宙たんけん」というテーマで作文・絵画の2部門で作品を募集する。

 文部科学省や自然科学研究機構、国立天文台、宇宙航空研究開発機構など関係機関では、9月12日の「宇宙の日」を記念して、青少年をはじめ広く一般の方々に、宇宙活動に大きな関心を持ち、親しんでもらえるよう、さまざまな行事を計画している。その一環として、本年も全国小・中学生作文絵画コンテストを実施する。テーマは「宇宙たんけん」で、対象は小中学生。応募先は最寄りの科学館で、7月31日が締め切り。応募科学館で審査後、表彰を行う。さらに、全国の最優秀賞の中から主催者賞が選ばれる。

 宇宙の日とは、1992年の国際宇宙年をきっかけとして、日本でも宇宙に対しての理解を深めてもらおうと「宇宙の日」にふさわしい日を公募した結果、9月12日となった。由来は、毛利衛宇宙飛行士が「ふわっと’92」の宇宙実験にスペースシャトルで飛び立った日であり、国際宇宙年を記念して92年の九十二からの語呂合わせからである。

◆平成26年度「宇宙の日」作文絵画コンテスト
テーマ:「宇宙たんけん」
応募締切:平成26年7月31日(木)
応募資格:全国の小・中学校に在籍している児童・生徒
応募先:最寄りの科学館
参加賞:コンテスト応募者全員
主催:文部科学省、自然科学研究機構国立天文台、宇宙航空研究開発機構、日本科学未来館、リモート・センシング技術センター、日本宇宙フォーラム、協力科学館
後援:内閣府宇宙戦略室(予定)
表彰:
1)応募科学館における表彰
小学生・中学生の各部門ごと「最優秀賞(1点)」「優秀賞(2点)」「佳作(3点)」
受賞者は、応募先の科学館にて表彰する。
2)主催者賞(文部科学大臣賞、国立天文台長賞、宇宙航空研究開発機構理事長賞、日本科学未来館館長賞、リモート・センシング技術センター理事長賞、日本宇宙フォーラム理事長賞)、特別賞(宇宙政策担当大臣賞)の表彰
問合せ先:最寄りの応募科学館または「宇宙の日」事務局
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)