宇宙に関するニュースまとめ一覧

JAXA、金井宇宙飛行士特別展「宇宙、行かない?」筑波3/3まで 画像
趣味・娯楽

JAXA、金井宇宙飛行士特別展「宇宙、行かない?」筑波3/3まで

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2017年12月17日より第54次/第55次国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在クルーとして自身初の長期滞在に挑む金井宣茂宇宙飛行士の特別展「宇宙、行かない?」を、12月12日より筑波宇宙センターにて開催している。

東京理科大学「宇宙教育プログラム」12/24、聴講者募集 画像
教育イベント

東京理科大学「宇宙教育プログラム」12/24、聴講者募集

 東京理科大学は、次世代宇宙科学技術者の育成を目的として実施している「宇宙教育プログラム」の一般聴講者を募集している。公開するのは、2017年12月24日に実施するプログラムの一部。会場は同大学神楽坂キャンパス。定員は申込順で110名。

パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23 画像
教育イベント

パシフィコ横浜×はまぎん、みなとみらいで星空観察1/23

 パシフィコ横浜とはまぎんこども宇宙科学館は2018年1月23日、共同企画「みなとみらいで星空観察」を開催する。天体望遠鏡を使った星空観察、天文専門員によるレクチャー、ステンドグラスの特別公開を楽しむことができる。参加無料。事前申込制。

2017年ふたご座流星群、13・14日の2夜が観測チャンス…お天気は? 画像
生活・健康

2017年ふたご座流星群、13・14日の2夜が観測チャンス…お天気は?

 三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が2017年12月14日、活動のピークを迎える。観察チャンスとなるのは、13~14日と14~15日の2夜。2017年は新月直前のため条件がよく、太平洋側のエリアや沖縄・奄美を中心に流星観測が期待できそうだ。

4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23 画像
教育イベント

4次元シアターで宇宙を体験、京都「アストロトーク」12/23

 京都大学総合博物館では2017年12月23日、花山星空ネットワーク主催によるアストロトークを実施する。天文講演と3Dメガネを使った「4次元宇宙シアター」を組み合わせたイベント。参加は小学生以上を対象に、45名を先着順に受け付ける。

スーパームーン、12/4に2017年最大の満月 画像
生活・健康

スーパームーン、12/4に2017年最大の満月

 2017年最大の満月「スーパームーン」が12月4日に姿を現す。月が地球にもっとも近づくことから大きく見え、明るさも増す「スーパームーン」。国立天文台のWebサイトでは、2017年最小の満月と大きさをイメージ図で比べながら、仕組みなどを解説している。

JAXA×日本宇宙少年団、全国4か所で宇宙教育リーダーセミナー 画像
教育業界ニュース

JAXA×日本宇宙少年団、全国4か所で宇宙教育リーダーセミナー

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年12月から2018年1月にかけて、「宇宙教育リーダー」活動の一環として全国4か所を会場に宇宙教育リーダーセミナーを開催する。対象は18歳以上で、宇宙教育に関心があり、学ぶ志がある者。

金井宇宙飛行士が搭乗、ソユーズ宇宙船12/17打上げ…JAXAがライブ配信 画像
教育・受験

金井宇宙飛行士が搭乗、ソユーズ宇宙船12/17打上げ…JAXAがライブ配信

 金井宣茂宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船が、2017年12月17日に打上げられる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、打上げとハッチオープン・入室のもようをインターネットでライブ配信する。

日本科学未来館、Google Earth「地球でめぐる太陽系の旅」を公開 画像
教育ICT

日本科学未来館、Google Earth「地球でめぐる太陽系の旅」を公開

 日本科学未来館は2017年11月15日、オンラインプラットフォーム「Google Earth」のインタラクティブなガイドツアー「Voyager」に、日本のパートナーとして初となるコンテンツ「地球でめぐる太陽系の旅」を公開した。

東京理科大学「宇宙教育プログラム」聴講者募集11/26・12/17 画像
教育イベント

東京理科大学「宇宙教育プログラム」聴講者募集11/26・12/17

 東京理科大学は、次世代宇宙科学技術者の育成を目的に実施している「宇宙教育プログラム」講義の一般聴講者を募集している。聴講できるのは、2017年11月26日と12月17日に実施する講義の一部。定員は、両日とも申込順で110名。

12/13夜に観測チャンス、ふたご座流星群を眺めようキャンペーン12/12-15 画像
趣味・娯楽

12/13夜に観測チャンス、ふたご座流星群を眺めようキャンペーン12/12-15

 国立天文台は2017年12月12日夜から15日朝にかけて「ふたご座流星群を眺めよう2017」と題したキャンペーンを実施する。2017年は極大を迎える前の12月14日午前0時過ぎを中心とした数時間、13日の夜中がもっとも観測に適しているという。

「人工流れ星」2019年夏実現へ、ALEの宇宙ベンチャープロジェクト始動 画像
趣味・娯楽

「人工流れ星」2019年夏実現へ、ALEの宇宙ベンチャープロジェクト始動

 民間宇宙企業のALEは、ファミリーマートやJALなどをオフィシャルパートナーに迎えて、2019年夏に「SHOOTING STAR challenge」を、広島・瀬戸内地域にてチャレンジする予定だ。夜空に人工の流れ星を発生させる、世界初のプロジェクトとなる。

しし座流星群、2017年は好条件…11/18未明から明け方に見頃 画像
生活・健康

しし座流星群、2017年は好条件…11/18未明から明け方に見頃

 しし座流星群が2017年11月18日、活動のピークを迎える。見頃となる18日未明から明け方にかけては、月明かりの影響もなく、好条件。1時間あたり5個程度の流星出現が予想されている。

野口宇宙飛行士3度目の宇宙へ、打上げは2019年終わり頃予定 画像
生活・健康

野口宇宙飛行士3度目の宇宙へ、打上げは2019年終わり頃予定

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2017年11月7日、野口聡一宇宙飛行士がISS第62次/第63次長期滞在搭乗員に決定したと発表した。打上げは2019年終わりごろを予定しており、国際宇宙ステーション(ISS)に約半年間滞在する。

【冬休み2017】種子島でロケット打上げを見学、Gifte!親子ツアー12/21-23 画像
教育・受験

【冬休み2017】種子島でロケット打上げを見学、Gifte!親子ツアー12/21-23

 親子向け本物体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」を運営する「みらいスクール」は、「Gifte!」の冬休み特別企画「宇宙ミッション体験 in 種子島 打上げ見学ツアー!」を開催する。期間は12月21日から23日までの2泊3日。

おうし座流星群2017、南群11/6・北群11/13に極大 画像
生活・健康

おうし座流星群2017、南群11/6・北群11/13に極大

 9月から12月くらいまで活動する「おうし座流星群」。南流星群(南群)は11月5日頃、北流星群(北群)は11月12日頃に極大を迎える。2017年はあまり条件がよくないが、南群、北群ともゆるやかな極大のため、長い期間にわたって観測チャンスがありそうだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 30
  10. 40
  11. 最後
Page 1 of 48
page top