全家研、幼児向け無料知育アプリ「ポピっこ いくつ」をリリース…数の概念を学ぶ

教育ICT ソフト・アプリ

幼児向け無料知育アプリ・ポピっこ いくつ
  • 幼児向け無料知育アプリ・ポピっこ いくつ
  • 幼児向け無料知育アプリ・ポピっこ いくつ
  • 幼児向け無料知育アプリ・ポピっこ いくつ
  • 選択肢から数をタッチして正解の組み合わせを見つける
  • 6段階のレベルを用意
  • レベルごとに今までの得点を5回まで記録可能
  • ももちゃん/ミニドリー/オードリー
  • りず/ぽるん/がっちゃ
 家庭学習教材「月刊ポピー」を発行する新学社の全家研は、スマートフォン用の無料アプリケーション第3弾として、未就学児が親子で数の学習に楽しく取り組める「ポピっこ いくつ」を、6月6日より配信開始した。

 全家研は月刊家庭学習教材・幼児ポピー「ポピっこ」のリニューアル(2014年4月号)に合わせて、「ポピっこ」人気キャラクターを起用した無料の幼児向けアプリをリリースした。アプリは「ポピっこ」の監修を努める諏訪東京理科大学・篠原菊紀教授との実験結果を元に開発。「ワーキングメモリ(目的のための一時的な記憶)を使う間を与える」「行動や気持ちを抑制し、我慢させる」など、子どもの前頭前野を活性化させる要素を盛り込んだという。

 第1弾 カメラアプリ「ポピっこカメラ」、第2弾 脳トレアプリ「ポピっこ おいで」に続き、今回リリースした第3弾「ポピっこ いくつ」は“数”の学習アプリ。ポピっこキャラクターが指定する数になるように、2~3つの選択肢から数をタッチして正解の組み合わせを見つける。たし算やひき算の基礎となる数の合成・分解など、小学校入学に身につけておきたい「数」の概念を、親子でいっしょに楽しく学ぶことができる。

 またアプリは、子どもの成長に合わせた6段階のレベルを用意。最初は「りんご」などの具体物の組み合わせから、数字と数字、具体物と数字など、レベルアップで種類や選択肢も増えていく。レベルごとに今までの得点を5回まで記録でき、子どもの取り組みや成長の様子を振り返ることができる。

 ボタンや「つかいかた」はすべて「ひらがな・カタカナ」で表示。幼児向け教材のノウハウを生かし、就学前の子どもにも使いやすいデザインになっている。

 対応端末はiOS 5.1以降およびAndroid 2.3.3以降。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)