男女別学について考えるシンポジウム、6/30 品川で開催

 「男女別の育て方・教え方で子どもは伸びる」をテーマとした、「男女別学教育シンポジウム」が6月30日、品川女子学院講堂で開催される。作家・教育評論家の中井俊已氏が代表を務める「日本男女別学教育研究会」が主催。

教育・受験 学習
第3回 男女別学教育シンポジウム
  • 第3回 男女別学教育シンポジウム
  • プログラム
 「男女別の育て方・教え方で子どもは伸びる」をテーマとした、「男女別学教育シンポジウム」が6月30日、品川女子学院講堂で開催される。

 同シンポジウムは、作家・教育評論家の中井俊已氏が代表を務める「日本男女別学教育研究会」が主催。「男女別学が日本の明るい未来を拓く教育である」というメッセージを発信するシンポジウムとして、3回目の開催となる。

 男女は当然ながら平等であり同権だが、それぞれ異なる特性を持つ。同研究会では、その特性を理解し、考慮した上で子どもを育て教えることで、より良い成果を生むことは明らかだという。

 今回は、おもに小学生における男女別の育て方・教え方について中井代表が基調講演を行うほか、中学生・高校生の指導について男女別学校5名の校長・副校長によるパネルディスカッションを行う。

 シンポジウムは教育関係者のほか、一般の人も無料で参加できる。定員は200名。現在ホームページにて、参加申し込みを受け付けている。

◆男女別学教育シンポジウム
日時:6月30日(月)18:00~20:30
会場:品川女子学院中等部高等部講堂
対象:学校関係者・塾関係者・マスコミ関係者・研究者・一般
定員:200名(先着順)
参加費:無料
応募方法:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)