ベネッセ、顧客情報約760万件漏えい…最大2,070万件の可能性も

教育・受験 学校・塾・予備校

ベネッセグループ、Webサイト
  • ベネッセグループ、Webサイト
  • 情報漏えいに該当する商品・サービス
 ベネッセコーポレーションは7月9日、緊急記者会見を行い顧客情報約760万件が外部に漏えいしたと発表、最大約2,070万件が漏えいしている可能性もあるという。漏えいが確認されている顧客情報は、顧客名および住所、郵便番号、子どもの氏名や生年月日など。

 ベネッセの説明によると、2014年6月下旬より、通信教育事業を行うIT事業者からのダイレクトメールが、ベネッセの顧客に届き始め、問い合わせが急増したという。ベネッセは調査を開始し、他社が営業活動に利用していると思われるデータを入手、ベネッセ側の顧客データをマッチングさせた結果、顧客データが漏えいした可能性が極めて高いことが明らかになった。

 漏えいが確認されている情報項目は、郵便番号、顧客名(子どもと保護者)、住所、電話番号、子どもの生年月日・性別。また、該当する商品・サービスは、こどもちゃれんじ、進研ゼミ(小学講座、中学講座、高校講座)、こどもちゃれんじEnglishなど26ブランドとなっている。

 今後は、情報が漏えいした顧客を特定する作業を進め、新たな顧客への販売促進活動は、情報の安全性が確認されるまでの間停止するという。また、ベネッセからと誤認させるようなダイレクトメールや勧誘、電話などに対し注意を呼びかけている。

◆情報漏えいに該当する商品・サービス一覧
・こどもちゃれんじ(こどもちゃれんじbabyを含む)
・進研ゼミ 小学講座
・進研ゼミ 中学講座
・進研ゼミ 高校講座
・難関私立中高一貫講座
・進研ゼミ東大特講√T 京大特講√K
・中学受験講座
・公立中高一貫校受験講座
・こどもちゃれんじEnglish
・Worldwide Kids
・BE-GO
・かがく組
・こども英語教室(直営)
・グリムスクール(直営)
・コラショえいご
・サイエンス教室
・学習教室
・文章表現力教室
・考える力プラス講座
・得点力学習DS
・ポケットチャレンジ
・しまじろうミュージック
・EVERES
・いぬのきもち
・ねこのきもち
・be-fa!
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)