FC東京とJAXAがコラボイベント…星空観測会やペーパークラフト製作など

 Jリーグ FC東京は、8月23日に味の素スタジアム(東京都調布市)で開催する浦和レッズ戦にあわせ、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とコラボレーションした企画「JAXAと遊ぼう!! ~宇宙・航空を身近に~」を実施すると発表した。

趣味・娯楽 スポーツ
飛翔 ペーパークラフト
  • 飛翔 ペーパークラフト
  • だいち2号 ペーパークラフト
  • 水ロケット
 JリーグのFC東京は、8月23日に味の素スタジアム(東京都調布市)で開催する浦和レッズ戦にあわせ、JAXA(宇宙航空研究開発機構)とコラボレーションした企画「JAXAと遊ぼう!! ~宇宙・航空を身近に~」を実施すると発表した。

 コラボ企画では、実験用航空機「飛翔(ひしょう)」、陸域観測技術衛星2号「だいち2号(ALOS-2)」のペーパークラフトを、その役割を学びながら製作。「飛翔」は製作後に実際に飛ばすことができるという。

 また、1.5リットルのペットボトルを使用した「水ロケット」や、雨の日に傘を入れるポリエチレンの袋を使った「傘袋ロケット」を製作するほか、「飛翔」や「だいち2号」についてのパネル展示を行う。

 さらに、試合終了後の20時40分頃、味の素スタジアム上空を通過予定の「だいち」の観測に挑戦。また、望遠鏡を使って土星や火星などの観測を行う。

◆実験用航空機「飛翔」・陸域観測技術衛星2号「だいち2号」ペーパークラフト製作
実施場所:東京都生活文化スポーツ局調布庁舎 体育館(バックスタンド側/味の素スタジアム内)
対象者:年齢制限なし
参加人数:「飛翔」「だいち2号」それぞれ10名/1回
参加方法:会場にて各回の整理券を配布

◆傘袋ロケット製作
実施場所:東京都生活文化スポーツ局調布庁舎 体育館
対象者:年齢制限なし
参加人数:10名/1回
参加方法:会場にて各回の整理券を配布

◆陸域観測技術衛星「だいち」星空観測会
実施場所:投てき場(バックスタンド側/アミノバイタルフィールド横)
対象者:年齢制限なし
参加人数:200名程度
※望遠鏡観測は1分程度/1人
参加方法:開催時間に投てき場に集合

◆水ロケット製作
実施場所:投てき場
対象者:小学生以上
参加人数:24名/1回
参加方法:ホームページから
※各回申込が24名を超えた場合は抽選
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)