スターバックスラテの全面リニューアル、芳醇な風味とさらっとした後味に

生活・健康

スターバックスラテ
  • スターバックスラテ
スターバックスコーヒージャパンは10月1日より、ブランドの代名詞でもあるスターバックスラテなどエスプレッソドリンクをリニューアルして販売する。

スターバックスは1996年8月に国内第1号店をオープン、日本上陸18年目を迎えて初めて全面的なスターバックスラテのリニューアルを行う。リニューアルで以下の3点の変更がなされる。

1)エスプレッソドリンクの美味しさを左右するミルクは乳脂肪分をこれまでより高める。リッチで芳醇な風味と、さらっとした後味がエスプレッソに絶妙にマッチするスターバックス特製ミルクに切り替える。

2)エスプレッソは従来通り高品質なアラビカ種コーヒー豆のみを使用するが、よりフレッシュな状態で店舗に届けられるよう見直しを行う。コーヒー豆の鮮度向上を図る。

3)なめらかな口当たりのフォームミルクと、深いコクのある1杯を提供するため、全国約25000人のバリスタ全員にミルクスチーミングなど技術トレーニングを実施。ドリンク作成スキルの向上を図る。またエスプレッソマシン「マストレーナ」のアップグレードを順次行う。

リニューアルにより10月1日よりエスプレッソドリンク全12種類(全サイズ)の価格も改訂する。スターバックスラテのトールサイズは現行の本体表示価格360円から370円に切り替わる。

スターバックスが10月1日より看板メニューのスターバックスラテを全面的にリニューアル

《五味渕秀行@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)