ドライブの醍醐味は目的地より車中、ボーズのドライーバー調査

生活・健康 交通・クルマ

カーオーディオは重宝しているか?
  • カーオーディオは重宝しているか?
  • 車購入後重宝度が変わったか?
  • 「ドライブの醍醐味」は?
  • 一人ドライブでは歌を歌うか?
  • ドライブ中のムード作りに必要なものは?
  • 車中での音楽再生方法は?
  • カーオーディオの音質は改善したいか?
  • 車中、無言で間が持つか?
 秋の行楽シーズンを前に、ボーズ・オートモーティブでは直近5年以内に新車を購入した20~50代のドライバー男女600名を対象に「ドライブと音楽に関する調査」を実施した。2人に1人のドライバーが「目的地での過ごし方」よりも「車中」にドライブの醍醐味を見出していることが明らかになるなど、「ドライブシーンにおける音楽」の効用や有用性が改めて垣間見られる調査結果となっている。

 直近5年以内に新車を購入した調査対象者全員に対し、購入時に重視したポイントを聞いたところ(複数回答)、「本体購入価格」74.9%に続き、「デザイン・色」72.7%、「燃費・環境性能」71.9%、「乗り心地の良さ」67.3%等が挙げられた。

 実際にその新車に乗るようになって、重宝(満足)している度合いを聞いたところ、「カーオーディオ」47.8%(購入時との重宝度差15.1%)、「カーナビ」48.0%(購入時との重宝度差9.3%)、「口コミ・友人や家族からの評判」45.8%(購入時との印象差7.5%)等が挙げられ、購入前の比較検討内容と購入後の満足度には差が見られる結果となった。また、「カーオーディオ」の重宝度については、中高年(40~50代)よりも若年層(20~30代)の方が高い結果となっている。

 「ドライブの醍醐味・楽しさ」(複数回答)では、「目的地に向かう車中」52.7%、「目的地に向かう途中での飲食や休憩」46.3%、「目的地での過ごし方」42.8%と、行き先よりも過程に楽しみを見出すドライバーが多いことがわかった。

 また、ドライブ中の車内ムード・雰囲気づくりに重要だと感じる要素については、「ドライブ中の会話」55.2%、「音楽」47.3%、「シートの座り心地」38.3%等が挙げられ、車中の居心地の良さは欠かせないものと言えそうだ。

 同乗者がいるときのドライブに関して、「無音・無言の車内状況における印象」について尋ねたところ、「かなり間が持てない」7.0%、「やや間が持てない」25.8%、「まあまあ間が持てない」26.8%と、59.6%のドライバーが、「間を持たせることができない」と回答。同乗者がいるドライブでは、会話や音楽を求めるドライバーが多いこともわかった。

 「同乗者の有無や、同乗者が誰かによって車内で流す楽曲を変えるか」との質問には、「まったく変えない」39.3%、「あまり変えない」32.2%と7割が「変えない」と回答。理由としては、「聴きたい音楽を我慢したくないから」36.5%、「同乗者もその音楽が好きだから」32.8%、「相手に流されたくないから」23.4%等が挙げられ、流す楽曲に関しては運転者のこだわりが窺える結果となっている。

 また、運転中に音楽を聴く際、どのような方法で音楽を再生しているかを聞いてみると、「スマートフォン」が若年層41.7%、中高年18.3%と若年層の方が高く、「CD」、「車載のラジオ」はては中高年の方が多かった。ドライブシーンでの音楽の再生方法は、スマホに慣れ親しんだ若年者層から変容しつつあるようだ。


 「ひとりドライブ」に関して「どのくらい歌を歌っているか」を聞くと、「熱唱する」6.4%、「まあまあの声量で歌う」34.2%、「はなうた(口ずさみ)程度で歌う」41.8%と、82.4%が歌を歌うという結果に。車を一種の「リフレッシュ空間」として活用しているようだ。

 カーオーディオの音質に関しては、改善したいと思うかとの問いに、「かなりそう思う」6.3%、「まあまあそう思う」24.0%、「やや思う」27.5%と、57.8%のドライバーが「改善したい」と回答している。音質に関しては、まだ不満もあることがわかる。

 従来、カーオーディオで聴くものといえば、車載のラジオやCDがメインだったが、近年、スマートフォンとの接続や、車載本体のコネクティビティ機能の充実により、インターネットラジオやストリーミング配信など、コンテンツの幅がぐっと広がっている。こうした変化を考えると、今後ユーザーから、「より豊富なコンテンツをより満足のいく『音質』で、もっと楽しみたい」といった期待が高まっていくと予想される。

 このような車中の環境充実が求められる中、オーディオメーカーのボーズでは、「カスタムデザイン・アプローチ」=専用設計というスタンスを、すべてのモデルで徹底してきた。ただスピーカーを組み込むのではなく、その車のコンセプトや特性に応じたスピーカーシステムの設計やレイアウトを考案。また、車室内の形状やインテリアの材質、そして人が座る位置といった、音響設計に影響する条件をあらかじめ把握した上で、その車に最適化するべく音のチューニングを施していく。このように、ボーズは車両開発の初期段階から車メーカーと連携することで、車種ごとに最適なサウンドシステムを提供しています。こうしたアプローチによって、車の中にいながら、まるでコンサートホールにいるようなリスニング体験を味わうことができる。

 同社では、演奏者の立ち位置が思い描けるほどの臨場感を味わえる「Advanced Staging Technology」、走行中もストレスフリーに音楽が聴けるAUDIOPILOT技術」、ステレオからサラウンドへと音を広げる「Centerpoint 2バーチャル・サラウンド機能」という3つの新機能に注力。

 「Advanced Staging Technology」は、キャビン前方のスピーカー数を追加し、独自の信号処理技術を駆使することで、よりクリアで正確な「音像」と、より広がりのある「音場感」を生み出す技術。たとえばヴォーカルは前方中央から、その左右から楽器音というように、まるでステージのライブ演奏を聴いているかのように、楽曲を構成するそれぞれの音がよりリアルに聴こえる。車の中で、コンサートホールの特等席のような感動を体験できる。

 「AUDIOPILOT」は、走行中のノイズによって掻き消された音量や楽曲バランスの崩れを自動的に補正する、ボーズ独自の走行ノイズ補償システム。ノイズによって影響を受けた再生音の変化を、リアルタイムに補正し、自然で快適な音を楽しめる。

 「Centerpoint 2バーチャル・サラウンド機能」は、独自の信号処理技術を用いて、ステレオ(2ch)音源を擬似的にサラウンドサウンドに変換して再生する技術。CD、ラジオ、スマートフォンに収めたMP3などの圧縮音源に対応。お気に入りの楽曲を臨場感溢れる立体的な音で再生する。

「目的地より車中に醍醐味感じる」……ドライブと音楽に関する調査

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)