代々木ゼミナール小倉校での傷害事件に代ゼミがコメント

 代々木ゼミナール小倉校(福岡県北九州市小倉北区馬借1-1-2)で11月11日正午ごろ、同校生徒による傷害事件が発生した。同校に通う30歳の男性が19歳の男子学生を包丁で刺し、重傷を負わせたという。

教育・受験 学校・塾・予備校
代々木ゼミナールのホームページ
  • 代々木ゼミナールのホームページ
  • 代々木ゼミナール小倉校
 代々木ゼミナール小倉校(福岡県北九州市小倉北区馬借1-1-2)で11月11日正午ごろ、同校生徒による傷害事件が発生した。同校に通う30歳の男性が19歳の男子学生を包丁で刺し、重傷を負わせたという。

 代々木ゼミナールは傷害事件について「当学園では、校内でこのような事件が起きましたことを重く受け止めております。被害に遭われた生徒様のご回復をお祈りするとともに、本学にお通いの生徒、関係者の皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます」とのコメントをホームページに掲載している。

 障害事件は生徒同士のトラブルが原因とみて、詳細を確認しているという。代々木ゼミナール小倉校は、平成27年度の校舎集約・事業再編で新規の生徒募集を停止しており、今年度で閉鎖される予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)