キッザニアで投票体験、衆院選に合わせ12/12~14開催

教育・受験 その他

2013年キッザニア東京「こども模擬選挙」の様子
  • 2013年キッザニア東京「こども模擬選挙」の様子
  • 2013年キッザニア甲子園「こども模擬選挙」の様子
  • キッザニア東京「2014年こども選挙」概要
  • キッザニア甲子園「2014年こども選挙」概要
  • KCJ GROUP HP
 子どもが主役の街「キッザニア」を運営するKCJ GROUPは、12月14日(日)に実施される「衆議院議員総選挙」に合わせ、子どもたちが比例代表方式で実在の政党に投票する「こども模擬選挙」投票体験を、12月12日(金)~14日(日)にキッザニア東京とキッザニア甲子園で開催する。

 同企画は、昨年の7月の「参院選」実施の際にも開催された特別プログラム。子どもたちが実際の選挙期間中に、大人になったつもりで、12月2日に公示された衆議院議員総選挙で存在する政党へ投票を行うという内容となっている。

 当日は、将来の有権者である子どもたちに少しでも選挙を身近に感じてもらえるよう、投票箱や記載台を用意。実際の投票とほぼ同じ方法で模擬投票を体験できる。今回の衆議院議員総選挙で公示された、存在する全政党を一覧にしてパネルで掲示し、子どもたちには1つの政党を選択して、投票用紙に書き込み投票してもらう。

 投票を希望する場合、キッザニア内の投票所に出向き、スタッフに投票したい旨を伝えると、スタッフから模擬選挙に関する説明を受けた後、投票用紙を受け取ることができる。

 なお、投票は1人1回とされ、模擬選挙の投票結果は集計・発表ともに行わない。

 普段、キッザニアに来場している子どもたちからは、「選挙に興味がある」との声も聞かれているという。同社では、同イベントの開催目的として、実社会で起きている選挙という出来事を通して、「自分たちの代表を選ぶ」「自分たちの意見を表明する」ということの大切さを体験できるなど、子どもたちの「生きる力を育む」ことを挙げている。

 「こども模擬選挙」は、リアルな社会体験にこだわったプログラムを提供している「キッザニア」ならではのイベントとなりそうだ。

◆「こども模擬選挙」投票体験
実施日:2012年12月12日(金)~14日(日)
場所:キッザニア東京内の特設会場「模擬選挙・投票所」
   キッザニア甲子園内の特設会場「模擬選挙・投票所」
対象:キッザニアに来場した3歳~15歳の子ども
参加費:無料。ただし、キッザニアの入場料がかかる。
《小林瑞季》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)