選挙に関するニュースまとめ一覧

今の内閣「支持しない」58%…10-20代の世論調査 画像
教育・受験

今の内閣「支持しない」58%…10-20代の世論調査

 CCCMKホールディングスは、2021年10月より2022年9月までの1年間、全国の10歳~29歳までの若者世代に対して「今の内閣を支持しますか?」というオンライン投票による世論調査を実施。2022年10月31日、内閣支持率の推移を公表した。

小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙…2023年度の開催決定 画像
趣味・娯楽

小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙…2023年度の開催決定

 こどもの本総選挙事務局は、第4回「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」の実施を決定した。2023年5月5日より投票を開始し、2024年2月10日に結果が発表される。

高3の9割が参院選で投票、理由は「国民の義務だから」 画像
生活・健康

高3の9割が参院選で投票、理由は「国民の義務だから」

 スタディプラスのStudyplusトレンド研究所は2022年7月10日~7月11日、高校3年生を対象に「第26回参議院議員通常選挙に関するアンケート調査」を実施。選挙権があった高校3年生のうち、95.8%が投票に行っていたことが明らかになった。

参院選「投票予定」学生65%…投票しない理由は? 画像
教育・受験

参院選「投票予定」学生65%…投票しない理由は?

 参議院選挙の投票に65%の学生が参加意思を示していることが、ガロア「ガクセイ協賛」の調査結果より明らかになった。一方、投票しない理由は、「住民票を移していない」が最多だった。

どうなる?これからの日本の3年間…参院選に向けた各党公約 画像
教育・受験

どうなる?これからの日本の3年間…参院選に向けた各党公約

 任期満了にともなう「第26回参議院議員通常選挙」が、2022年6月22に公示を迎えた。投票日は7月10日。期日前投票は6月23日~7月9日にかけて行われる。各党の選挙公約や基本政策等から、子育て支援策や教育関連の政策を紹介する。

2022参院選に6割「関心ない」若者の政治意識調査 画像
生活・健康

2022参院選に6割「関心ない」若者の政治意識調査

 CCCマーケティングおよびTポイント・ジャパンは「学校総選挙プロジェクト」として、2022年5月26日~28日の3日間、全国の男女16歳~29歳を対象に「2022年度若者の政治意識調査」を実施し結果を公表した。

選挙割を初めて導入「キッザニア模擬選挙」7/5-10 画像
教育イベント

選挙割を初めて導入「キッザニア模擬選挙」7/5-10

 「キッザニア東京」と「キッザニア甲子園」は、3歳から15歳までの子供が対象の「キッザニア模擬選挙」を、2022年7月5日から10日まで実施する。比例代表方式で実在の政党に投票、本物の投票箱使用、ゼロ票確認等、リアルな選挙を体験する。

第26回参議院議員選挙「Yahoo!ニュース参議院選挙」特設サイト公開 画像
生活・健康

第26回参議院議員選挙「Yahoo!ニュース参議院選挙」特設サイト公開

 ヤフーは2022年6月22日、第26回参議院議員選挙に向けて「Yahoo!ニュース参議院選挙2022」を公開した。候補者情報や選挙に関する質問、期日前投票所マップ等を確認することができる。

文房具総選挙2022結果発表、はかどり文房具No.1は? 画像
趣味・娯楽

文房具総選挙2022結果発表、はかどり文房具No.1は?

 ワン・パブリッシングは、モノ&トレンド情報メディア「GetNavi」で2022年5月24日、2021年度の新作文房具No.1を決める「文房具総選挙2022」の結果を発表。大賞には、海の色は青だけじゃないと教えてくれる「海のクレヨン」が選ばれた。

18歳成人…高3生「実感ない」8割、やりたい1位は「選挙」 画像
生活・健康

18歳成人…高3生「実感ない」8割、やりたい1位は「選挙」

 「成人することに関心がある」「成人する実感がない」という現役高校3年生の回答がどちらも約8割にのぼることが2022年4月28日、スタディプラスの調査結果から明らかになった。成人したらやりたいことの1位は「選挙に行って投票」だった。

若者の投票率を上げる施策、インターネット投票73%…学生調査 画像
生活・健康

若者の投票率を上げる施策、インターネット投票73%…学生調査

 ガロアは、日本全国の学生を対象に「政治・選挙への興味関心の実態に関する調査」を行った。若者の政治への興味関心を高め、投票率を上げるために効果的と考える施策について尋ねたところ、73%がインターネット投票と回答した。

18・19歳の衆院選投票率43%にアップ…18歳は投票率過半数に 画像
生活・健康

18・19歳の衆院選投票率43%にアップ…18歳は投票率過半数に

 総務省は2021年11月2日、第49回衆議院議員総選挙の18歳・19歳の投票状況(速報)を発表した。抽出調査の結果、18歳が51.14%、19歳が35.04%、全体では43.01%となり、前回の2017年衆院選の投票率を上回った。

「以前より仕事の選択肢減った」42%…日本財団18歳意識調査 画像
生活・健康

「以前より仕事の選択肢減った」42%…日本財団18歳意識調査

 日本財団は2021年10月27日、「コロナ禍と社会参加」をテーマにした第42回18歳意識調査の結果を公表。コロナ禍以前と比べ「政治・選挙が自分に影響すると感じる」割合が増したとの回答は33.9%、「以前より仕事の選択肢が減ったと感じる」との回答は41.9%にのぼった。

18歳の選挙、学費半額や奨学金チャラ…各党の教育支援策 画像
教育・受験

18歳の選挙、学費半額や奨学金チャラ…各党の教育支援策

 選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられてから2回目となる衆院総選挙が、2021年10月31日に投開票を迎える。進学を目指す高校3年生にとっては、各政党が掲げる学生向けの公約・政策も気になるところ。 “18歳選挙権”向けの選挙公約等をピックアップして紹介する。

実在の政党へ投票体験「キッザニア模擬選挙」10/26-31 画像
教育イベント

実在の政党へ投票体験「キッザニア模擬選挙」10/26-31

 子供の職業・社会体験施設「キッザニア」の企画・運営を行うKCJ GROUPは2021年10月26日から31日まで、子供たちが比例代表方式で実在の政党に投票する「キッザニア模擬選挙」をキッザニア東京とキッザニア甲子園で実施する。

コロナ禍の子育て支援策は…衆院選に向けた各党公約 画像
教育・受験

コロナ禍の子育て支援策は…衆院選に向けた各党公約

 2021年10月21日の衆議院議員の任期満了に伴い、第49回衆議院議員総選挙が10月~11月にかけて公示・投開票を迎える見通しだ。各党のWebサイトに掲載されている選挙公約や基本政策等から、子育て支援策や教育関連の政策を紹介する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 最後
Page 1 of 9
page top