子どもがデザインしたファッション、入賞30作品を三越日本橋でお披露目

趣味・娯楽 その他

キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト・ファッションショー
  • キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト・ファッションショー
  • こども服を製作する文化服装学院の学生たち
  • 2次審査の模様
  • 1次審査の模様
  • キッザニア東京・ファッションブティックパビリオン
  • キッザニア東京・ファッションブティックパビリオン
  • こども服を製作する文化服装学院の学生たち
 ワールドは、「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」で子どもたちから募集した661作品から選出した30作品を実物の洋服に仕立て、12月26日に三越日本橋本店で開催するファッションショーで披露する。

 「キッザニア東京 ファッションデザインコンテスト」は、“自分が描いたデザイン画が本物の服になったら嬉しい”という子どもたちの声から生まれた、2010年からスタートした取り組み。第3回となる今回は、ワールドと三越伊勢丹に加え、資生堂が新たに参画。ファッションショーにおいて子どもたちへの本格的なヘア&メーキャップを担当する。さらに、入賞作の中から4作品を特別賞としてワールドが商品化し、来春、同社店舗で販売する。

 入賞作品は、昨年に続きワールドと文化服装学院が産学連携し、アパレル技術科の学生が子どもたちのデザイン画からパターン(型紙)をおこし洋服に仕立てた。製作途中には、デザイン画を描いた子どもたちが学校を訪問。学生にデザインの意図を伝えたり、学生からは素材や縫製の説明を受けるなど、子どもたちは洋服を製作する工程を体感できたという。

 ファッションショーは12月26日13時から13時45分まで、三越日本橋本店 本館1階中央ホールで開催。当日はファッションショーに加えて、デザイン画を描いた入賞30名の表彰式も行う。また、入賞30作品のデザイン画は「キッザニア東京」特設サイトで公開中だ。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)