自転車の「キープレフト」、これほど守られていない交通ルールはない

生活・健康 交通・クルマ

【なくせ!自転車事故】「キープレフト」これほど守られていない交通ルールはない
  • 【なくせ!自転車事故】「キープレフト」これほど守られていない交通ルールはない
原則として車道を走ることが義務づけられている自転車。もう少し厳密に言うと、車道のできるだけ左側を通行する。道路交通法では「自転車は、道路(車道)の中央から左部分の左端に寄って通行しなければならない」と定められている。

そんな大原則をうたったキーワードが「キープレフト」なのだが、実はこれほど守られていない交通ルールはない。

自転車の右側通行はとても危険だ。クルマのドライバーにとって不測の動きであること。車道を逆走するため接近時間も短いので対応できない場合もある。きちんと左側を走っている自転車と正面衝突する危険性も高い。

右側通行はれっきとした法律違反。左側通行を順守する「キープレフト」は、安全に楽しくサイクリングを走るための必須条件なのだ。

【なくせ!自転車事故】「キープレフト」これほど守られていない交通ルールはない

《編集部@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)