都内私立学校の転・編入試験…3学期末は中学校99校、高校114校で実施

教育・受験 受験

転・編入試験の実施状況
  • 転・編入試験の実施状況
  • 「平成26年度第3学期末転・編入試験実施校一覧」(中学校・男子校)
  • 東京私学ドットコム
 東京都は2月17日、平成26年度の都内私立中学校および高等学校転・編入試験(第3学期末)についてとりまとめ、公表した。平成27年1月23日現在、中学校99校、高等学校114校が転・編入試験を実施する。

 「平成26年度第3学期末 転・編入試験実施校一覧」では、各学校の募集人員や願書締切日、選抜日などの日程、応募資格が確認できる。応募資格については、各学校で「転勤・転居」「海外帰国」「条件なし」のいずれか、または複数を条件にしている。

 私立中学校の実施校は、男子校9校、女子校46校、男女校44校の計99校。海城中学校では「海外帰国」を条件に、東京女学館中学校(国際学級)や穎明館中学校では「転勤・転居」「海外帰国」を条件に、若干名を募集している。

 私立高校の実施校は、全日制が男子校8校、女子校52校、男女校43校の計103校。定時制では男女校2校、通信制は男女校9校となっている。高等学校では普通科のほか、音楽科、英語科などで転・編入試験が実施される。

 試験にあたっての主な必要書類は「在学証明書」「成績証明書」「転学照会書」となっているが、全部の必要書類および願書受付時間などは、各学校に照会のこと。転・編入試験実施校については、東京私立中学高等学校協会の「東京私学ドットコム」からも確認できる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)