【高校受験2015】大阪府公立後期出願状況(確定)、豊中1.98倍

教育・受験 受験

出願状況
  • 出願状況
  • 全日制普通科の出願状況(1)
  • 全日制普通科の出願状況(2)
  • 全日制総合学科、多部制単位制I部およびII部の出願状況
 大阪府教育委員会は3月10日、公立高校の後期入学者選抜の確定出願状況を発表した。全日制の出願倍率は普通科が1.21倍、総合学科(クリエイティブスクール)が1.20倍、多部制単位制I部およびII部(クリエイティブスクール)が1.20倍となった。

 大阪府公立高校の後期入学者選抜は、3月9日~10日16時まで出願を受け付けた。大阪府教育委員会より情報提供を受け、全日制課程の全高校の出願倍率をここに公表する。

 全日制は、普通科が募集人員23,589人に対し、出願者数28,441人で、出願倍率1.21倍。総合学科(クリエイティブスクール)が募集人員530人に対し、出願者数634人で、出願倍率1.20倍。多部制単位制I部およびII部(クリエイティブスクール)が募集人員45人に対し、出願者数54人で、出願倍率1.20倍となった。

 出願倍率がもっとも高いのは豊中1.98倍、ついで四條畷1.96倍、大手前1.84倍、北野1.83倍、三国丘1.80倍、高津1.74倍、春日丘1.61倍、天王寺1.57倍、大阪市立東1.56倍、生野1.53倍となった。

 学力検査は3月16日、合格発表は3月23日午前10時に行われる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)