「どうしてうえのにパンダがいるの?」来園4周年記念アニメと絵本が公開

趣味・娯楽 その他

絵本
  • 絵本
  • 絵本
  • アニメーション
  • リーリーとシンシン
 パンダの来園4周年を記念して、上野動物園がアニメーション作品と絵本を作成した。イラストと物語でパンダの問題などへの理解を深める内容となっている。園内展示のほか、東京ズーネットにてWeb公開している。

 ジャイアントパンダのリーリーとシンシンは2011年2月21日、上野動物園に来園した。2008年のパンダ「リンリン」の死亡時には約290万人に落ち込んだ同園年間来園者数も、パンダ復活後の2011年度には470万人に回復。その後も300万人を超える年間来園者数を記録している。

 アニメーション「いち、ろく、ぜろ、ぜろ…これって何の数?」では、クイズを通してパンダの現状を知ることができる。

 絵本「どうしてうえのにパンダがいるの?」では、パンダがどのように過ごしているのか、なぜパンダが世界中で育てられているのかを、かわいらしいイラストと物語で表現している。

 同園では「かわいいだけではないパンダ、一歩先行くパンダの物語」を、子どもだけでなく大人にも楽しんでもらいたいという。

 作品は、東京ズーネットにてWebでの閲覧が可能。20日からは園内でも展示される。

◆上野動物園・パンダ来園4周年記念園内展示
アニメーション「いち、ろく、ぜろ、ぜろ…これって何の数?」
期間:2015年2月20日(金)~3月1日(日)9:30~16:30 ※約2分のムービーをくりかえし上映
場所:上野動物園 東園 総合案内所 オーロラビジョン

絵本「どうしてうえのにパンダがいるの?」
期間:2015年2月20日(金)~3月1日(日)
場所:上野動物園 東園 ジャイアントパンダ舎外側
※今後、印刷予定。配布方法、時期等未定。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)