女性でも扱いやすいデザイン、Android 5.0搭載「VAIO Phone」

デジタル生活 モバイル

ウェブサイト上で公開された「VAIO Phone」
  • ウェブサイト上で公開された「VAIO Phone」
  • VAIOスマホを発表した日本通信・三田社長(左)とVAIO・関取社長
  • 日本通信 三田聖二社長
  • VAIOスマホの発表会見がスタート
 日本通信とVAIOは12日、コラボレーションによるAndroid 5.0搭載スマートフォン「VAIO Phone」を発表した。

 Android 5.0搭載の他、2,500mAhのバッテリー搭載による長時間駆動などビジネス利用での魅力もアピールする。製造元は日本通信となり、VAIOはデザインを中心に監修を行う。ホールド感を重視したソフトタッチ塗装を本体側面に施した。5インチの画面サイズながら女性でも扱いやすいとしている。カラーはブラック。

 日本通信はVAIO Phone専用の音声通話+データ通信SIMを提供する。発売日は明らかにされなかった。購入方法は2通りあり、端末一括購入の場合の価格は、日本通信のオンラインショップ「bマーケット」では51,000円(税別)で販売される。24回分割払いで購入した場合、音声通話と上限のない高速定額プランを合わせて3,980円/月、音声通話+1GBのライトプランの組み合わせは2,980円/月。

Android 5.0搭載「VAIO Phone」を発表……直販価格は51,000円

《山本 敦@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)