ビーズ、遊び心あふれる自転車用キッズヘルメットを発売

生活・健康 交通・クルマ

キッズヘルメットデザイン
  • キッズヘルメットデザイン
  • ビーズ公式サイト
 ビーズは、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、子どもが自ら進んで被りたくなるような、遊び心にあふれるデザインを施した3種類の子ども用キッズヘルメットを発売。かわいい・かっこいいデザインで子どもの自発性をサポートする。

 子ども乗せ自転車のヘルメットのストラップなどが苦手な子どもは少なくないという。同社では、保育園・幼稚園への送り迎えや買い物などの際、子どもが暴れて「イヤイヤ」とヘルメットを拒否するといった保護者の悩みを解決することを目的として、本製品をリリースする。

 また、丸いフォルムと遊び心にあふれるデザインで、子どもが進んで被りたくなるようなヘルメットにすることで、幼少期からのヘルメット着用習慣を身につけさせ、自発性と交通安全への意識を向上させることも狙いとしているとのこと。

 今回発売する「キッズヘルメット」では、ゆるキャラ総柄デザイン、にゃんこデザイン、レーシングストライプデザインの3種類を用意。衝撃吸収性に特化したBMX用のヘルメットをベースにしており、欧州の高い安全基準「CE」に適合。内部の蒸れを防ぐ風通し穴を合計12か所配置するなど、安全性、機能性の高さも確保されているという。販売価格は3,800円(税別)。対象年齢は3歳~8歳。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)