【GW】西武池袋店屋上に「食と緑の空中庭園」、モネ「睡蓮」の世界

趣味・娯楽 その他

四季が感じられる遊歩道「睡蓮の庭」
  • 四季が感じられる遊歩道「睡蓮の庭」
  • 季節に応じた世界の料理が楽しめるレストランバー
  • ローズの照明に彩られたガーデン
  • レストランバー「La Terrasse-Oyster&International-」の蒸し牡蠣
西武池袋本店の屋上に4月29日、「食と緑の空中庭園」がオープンする。季節に応じた世界の料理や牡蠣が手軽に楽しめるレストランバーなどが登場する。

「食と緑の空中庭園」は印象派を代表する画家、クロード・モネの大作「睡蓮」を始め、モネが愛したノルマンディーの「ジヴェルニーの庭園」などにインスピレーションを得たもの。多様な自然と触れ合える憩いの場として機能していく。

四季が感じられる遊歩道「睡蓮の庭」には奥行き約25m、幅平均約7mの池を設置。睡蓮を始め、花ショウブやツルバラなど約80種類の草花で彩られた。その他、レンテンローズやヒメシャリンバイロゼア、クチナシなど、季節の草花に覆われた「グリーンウォール」、子供が裸足で遊べる芝生広場「グラス フィールド」なども設置される。

更に、イタリアンやスパニッシュ、ビストロなどのテーマに応じた料理が楽しめるレストランバー「La Terrasse-Oyster&International-」がオープン。季節のメニューとともに、カジュアルな牡蠣料理が楽しめる。5月にはイタリアンを中心にした様々なメニューを睡蓮の池のほとりで提供する予定だ。主なメニューは旨みを凝縮させた蒸し牡蠣「オイスターロースト 6ピース」(1,621円)や、オリジナルスタウトビール「オイスタースタウト」(834円)など。

また、和、洋、中とバラエティーに富んだメニューを展開する10台の「フードカート」も登場。メニューは季節ごとに入れ替わり、5月は「串フェス」と題して様々な串料理を提供する。讃岐うどんの「かるかや」も展開される。

その他、庭園では朝市や朝ヨガ、ミュージックライブなどを開催。ミニすべり台などの遊具やフランス、ベルギーから直輸入したイスやテーブルを設置するなど、子供から大人まで幅広い層が楽しめる空間になるという。更に、日没時はブルー、夜はローズの照明が灯り、緑あふれる庭園を情緒的に彩る。

西武池袋店屋上に“空中庭園”誕生、モネ「睡蓮」の中で季節や世界の料理が楽しめる

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)