早稲田大学、特別聴講生募集…高校2・3年生対象

教育・受験 学校・塾・予備校

高校生特別聴講制度
  • 高校生特別聴講制度
  • 開放科目一覧
  • 聴講料
  • 授業期間
 早稲田大学は、高校2、3年生を対象に特別聴講生を募集する。所定の成績を修めると同大学の単位が授与される。2015年度夏募集は、出願期間が6月1日~19日、募集人員が約100名で、出願書類により選考を行う。

 高校生の学問への関心や進路決定の手助けとなるよう、早稲田大学では正規授業を高校生に開放する「高校生特別聴講制度」を実施している。募集は春募集(2月頃)・夏募集(5月頃)の年2回、出願可能な科目数は1回の募集につき1科目まで。聴講料は1単位あたり文系科目が8,000円、理系科目が10,000円。

 開放科目は、総合講座「法批判への招待」や「日本考古学概説」「結び目から数学を考える」など32科目で、高校生が通学しやすいよう、夏期集中科目や土曜日設置科目、平日5時限以降の設置科目、(インターネット経由で視聴できる)フルオンデマンド型科目のいずれかとなっている。詳細は同大学グローバルエデュケーションセンターのホームページに掲載されている。

 授業は大学生と一緒に受講し、評価も大学生同様の基準で行われる。授業時間は通常週1回90分で、半期または1年間学習。試験やレポートなどを受け、所定の成績を修めると、同大学の単位が授与される。同大学に入学した場合は、入学学部の履修基準にしたがって単位認定される。他大学へ入学した場合も、入学前単位認定を定めていれば大学設置基準上は認定が可能となっている。

 出願は、志望理由書や学生個人記録など志願書類を封入し、簡易書留で送付する。検定料は不要。書類選考の上、7月1日に合格発表を行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)