【学校ニュース】実践女子、玉川大、明治大、学院大、関西外大、佛教大、札幌大、OIU

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。5月25日は実践女子大学、玉川大学、明治大学、大阪学院大学、関西外国語大学、佛教大学、札幌大学、大阪国際大学の情報を紹介する。

・【実践女子大学】実践女子大学と関東農政局が、農山漁村の地域活性化について連携して取り組む
 実践女子大学(東京都日野市、学長 田島眞)と関東農政局は、平成27年度、地方創生に向けた農山漁村の活性化について、実践女子大学の学生を対象に農業・農山漁村の現状を知ってもらい、課題と今後の可能性について理解を深めてもらうとともに、学生側の意見を農業・農山漁村の現場に伝えることを目的として、農山漁村の地域活性化について連携して取組みを行う。

・【玉川大学】北海道弟子屈町と玉川学園が包括連携の協定を締結
 弟子屈町(北海道川上郡弟子屈町/町長:徳永哲雄)と玉川学園(東京都町田市/理事長:小原芳明)は、5月22日包括連携に関する協定を締結した。この協定は、相互の幅広い分野で包括的に緊密な協力関係を築き、持続・発展的に連携を深めることにより、地域社会の発展や未来を担う人材育成に寄与することを目的として、実現したものとなる。この協定の締結により、今後、弟子屈町は、玉川学園との連携を進め、本学の持つ教育・研究的資産を地域社会の発展や人材育成に向け発信していく。

・【明治大学】明治大学生田図書館Gallery ZEROで写真展「LISA VOGT's White Gift~みんな・ひとつになって北極星に願いを~」を開催6月1日~29日
 明治大学生田キャンパス(神奈川県川崎市多摩区)で、6月1日~29日まで写真展「LISA VOGT's White Gift~みんな・ひとつになって 北極星に願いを~」を開催する。

・【大阪学院大学】学生による東日本大震災復興支援活動~大阪学院大学の学生が「『新しい東北』ミーティング in 神戸」で報告
 東日本大震災復興支援活動に取り組んできた大阪学院大学の学生が、復興庁が主催する「『新しい東北』ミーティング in 神戸」で報告する。

・【関西外国語大学】関西外国語大学がエルサレム・ヘブライ大学と協定締結――海外協定校は53か国・地域377大学へ
 関西外国語大学(大阪府枚方市)は、イスラエルのエルサレム・ヘブライ大学と新たに単位互換の協定を締結した。同大学は世界のトップ100の大学にランクインするなど、世界の各分野をリードしている。エルサレム・ヘブライ大学との協定締結は関西では初めて。これで、関西外大の海外協定校は53か国・地域377大学になった。

・【佛教大学】佛教大学が5月25日に、学生・教職員が協力し「グッドマナープロジェクト清掃・啓発活動」を開催
 佛教大学では5月25日に、紫野キャンパス周辺において学生と教職員が協力し、「佛教大学グッドマナープロジェクト清掃・啓発活動―目指せ!Goodマナーでピッカピカ☆キャンパス―」を開催する。今後、毎月1回、定期的に清掃およびグッズ配付によるマナー啓発活動を実施していく。

・【札幌大学】札幌大学が6月13日に公開講座「コタンコロカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来」を開催――アイヌ文化研究者とシマフクロウ研究者が語る
 札幌大学(北海道札幌市)は6月13日に公開講座「コタンコロカムイ(シマフクロウ)が語る北海道の未来」を開催する。アイヌの人々が村の守り神として大切にし、現在は絶滅の危機にひんしているシマフクロウについて、アイヌ文化研究者の本田優子教授と、シマフクロウ研究者の早矢仕有子教授が講師となり語りあう。参加無料、要事前申込み(定員200名)。※「コタンコロカムイ」の「ロ」は小さな「ロ」。

・【大阪国際大学】大阪国際大学・短期大学部が学生の教育向上のため「スペシャルアドバイザー制度」をスタート
 大阪国際大学・短期大学部は、教育、スポーツ、法曹など各界で活躍する有識者をスペシャルアドバイザーとして招き、学生の教育向上をめざす制度を今年度から始めた。まず、スポーツライター、レストランシェフ、弁護士など5人に依頼し、講義をはじめ、講演会、研究会、シンポジウムなどで体験や研究業績を披露してもらう。アドバイザーは必要に応じて適宜増やしていく。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)