【学校ニュース】城西大、学習院大、武蔵野大、明治大、芝浦工業大、千葉商科大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。6月29日は城西大学、学習院大学、武蔵野大学、明治大学、芝浦工業大学、千葉商科大学の情報を紹介する。

・【城西大学】城西大学が7月17日に創立50周年記念特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」を開催
 城西大学(理事長:水田宗子)は7月17日に特別講演会「フランスで賞賛された明治の諷刺画家 河鍋暁斎」を東京紀尾井町キャンパスで開催する。これは、同大学の創立50周年を記念した特別講演会の一環として行われるもの。日仏会館・日本研究センター所長のクリストフ・マルケ氏が明治時代の諷刺画家である河鍋暁斎の魅力を国際的な視点から解説する。入場無料、要事前予約。

・【学習院大学】学習院大学史料館が7月22日~8月5日までミニ展示「辻邦生―西行花伝」を開催
 学習院大学(東京都豊島区)史料館は7月22日から8月5日まで、辻邦生の直筆資料や書簡、写真、蔵書、遺愛品などを紹介するミニ展示「辻邦―西行花伝」を開催。第31回谷崎潤一郎賞を受賞した「西行花伝」に関する資料を中心に展示する。入場無料。

・【武蔵野大学】武蔵野大学が2016年度より英語資格・検定試験を活用した新入試制度「グローバル方式」を導入
 武蔵野大学(東京都江東区/学長:寺崎修)は、急速なグローバル化によって英語力が重要視される中、英語コミュニケーション能力を適切に評価していくため、2016年度一般入試より、英語資格・検定試験を活用した「グローバル方式」を全学部で実施する。同大は2016年4月に「グローバル学部」(グローバルコミュニケーション学科、日本語コミュニケーション学科、グローバルビジネス学科)を構想中であり、今回の新入試制度も合わせて、ますます大学のグローバル化を進めていく考え。

・【明治大学】第2回全国大学史展「学生たちの戦前・戦中・戦後」―7月3日から明治大学博物館で開催
 明治大学史資料センターと全国大学史資料協議会東日本部会は、7月3日~8月2日、第2回全国大学史展「学生たちの戦前・戦中・戦後」を明治大学博物館特別展示室で開催する。入場無料。

・【芝浦工業大学】芝浦工業大学の次期理事長に五十嵐久也を選出
 芝浦工業大学(東京都江東区)は、2015年6月27日からの学校法人芝浦工業大学理事長に現職の五十嵐久也を選出した。

・【千葉商科大学】サービス創造学部が経済産業省の平成27年度「産学連携サービス経営人材育成事業」に採択
 千葉商科大学(千葉県市川市/学長:島田晴雄)は、経済産業省の平成27年度「産学連携サービス経営人材育成事業」に採択された。今回の事業は、経済産業省がサービス産業の活性化・生産性向上に向け、次代の経営人材・マネージメント人材を育成する専門的・実践的な教育プログラムを産業界と連携して開発する大学を支援するもの。67件の申請があり、17件が選定された。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)