産学連携・産学協創に関するニュースまとめ一覧

UCLA×JAL、連携協定の覚書を締結…日米交流を促進 画像
教育業界ニュース

UCLA×JAL、連携協定の覚書を締結…日米交流を促進

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)と日本航空(JAL)は2019年11月27日、連携協定の覚書を締結したことを発表した。これは、JALとして初めての海外大学との広範な協力関係の構築となる。

クックパッド×東北芸術工科大、産学連携で幼児向け絵本共同制作 画像
教育・受験

クックパッド×東北芸術工科大、産学連携で幼児向け絵本共同制作

 クックパッドは2019年11月6日、食育絵本が毎月1冊届くサービス「おりょうりえほん」の新たな取組みとして、東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科との産学連携を開始し、遊びから食が学べる絵本を共同制作すると発表した。

理系大学院生に「多摩未来奨学金/サイエンス」創設 画像
教育・受験

理系大学院生に「多摩未来奨学金/サイエンス」創設

 多摩地域の産学官コンソーシアム「学術・文化・産業ネットワーク多摩」は、加盟大学の理工系大学院生対象の給付型奨学金「多摩未来奨学金/サイエンス」を創設した。修士課程20万円、博士課程30万円を返済不要で支給する。11月14日まで応募を受け付けている。

走行中給電できるインホイールモーター、東大と4社共同開発 画像
生活・健康

走行中給電できるインホイールモーター、東大と4社共同開発

東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授は10月10日、同大学柏キャンパスで記者会見を行い、走行中にワイヤレス給電できる新しいインホイールモーターを開発したと発表した。実際にキャンパス内で実車を使ったデモンストレーションも行った。

交差点や通学路にAIセンサー設置、金沢工業大が実証実験 画像
生活・健康

交差点や通学路にAIセンサー設置、金沢工業大が実証実験

金沢工業大学AIラボは9月25日、交差点や通学路における市民の安全安心をテーマとしたAIセンサーシステムの実証実験に産学連携で取り組むと発表した。

OPERA新規研究領域・共創コンソーシアム、東工大など4件 画像
教育・受験

OPERA新規研究領域・共創コンソーシアム、東工大など4件

 科学技術振興機構(JST)は2019年9月13日、研究成果展開事業 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)における2019年度新規研究領域・共創コンソーシアムに、東北大・筑波大・東工大・阪大の計4件が決定したと発表した。

凸版・東京理大が共同研究、熱中症リスク表示サービス 画像
生活・健康

凸版・東京理大が共同研究、熱中症リスク表示サービス

 凸版印刷と東京理科大学は、次世代LPWA(低消費電力広域ネットワーク)規格ZETAを活用して、数メートル空間単位で熱中症に関するデータを収集・分析し、リアルタイムで個人に合わせた熱中症リスクを表示するサービスの開発に向けて共同研究を開始する。

卓越大学院プログラム、東大・京大など9大学11件採択 画像
教育業界ニュース

卓越大学院プログラム、東大・京大など9大学11件採択

 文部科学省は2019年8月9日、2019年度(令和元年度)「卓越大学院プログラム」の選定結果を発表した。29大学から44件の申請があり、このうち東京大学や京都大学など9大学11件を採択した。海外トップ大学や民間企業などと連携して、博士課程学位プログラムを構築する。

香川大学×AD損保、MaaSに伴う保険のあり方を共同研究 画像
生活・健康

香川大学×AD損保、MaaSに伴う保険のあり方を共同研究

あいおいニッセイ同和損害保険は、香川大学と2019年3月に締結した連携協定に基づいてMaaS(モビリティアズアサービス)に関する特別共同研究を8月から開始すると発表した。

ダイハツ、鈴鹿医療科学大学と産学共同研究で高齢者向け新装備を開発 画像
教育・受験

ダイハツ、鈴鹿医療科学大学と産学共同研究で高齢者向け新装備を開発

 ダイハツは、高齢者の身体的負担を低減し、移動の自由を広げる新装備を、産学共同研究を通じて新開発し、2019年7月9日より販売を開始した。

オーストラリア大陸3,000km「地上を駆ける鷲」工学院大学ソーラーカーの情熱 画像
教育・受験

オーストラリア大陸3,000km「地上を駆ける鷲」工学院大学ソーラーカーの情熱

 オーストラリア最北の街ダーウィンから南端の州都アデレードへ。その距離3000km。豪州の公道を5日間かけて無燃料で駆けるレースがことしもやってくる。世界最高峰のソーラーカーレース「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」(BWSC)だ。

「楽しさ、ファンエンゲージメントの見える化」実証実験、追手門大ら実施 画像
教育・受験

「楽しさ、ファンエンゲージメントの見える化」実証実験、追手門大ら実施

 ウフルは、テクノロジー活用によるスポーツ事業創発コンソーシアム「Sports-Tech & Business Lab(STBL)」の活動の一環として、「IoTを活用したスポーツ観戦における楽しさ・エンゲージメントの見える化」に向けた実証実験を実施した。

産官学と街が連携した大阪eスポーツ研究会が5/31発足 画像
教育・受験

産官学と街が連携した大阪eスポーツ研究会が5/31発足

 スポーツタカハシ(SPOTAKA)と地域計画建築研究所(アルパック)は、「大阪eスポーツ研究会」を立命館大学の教授で、日本シミュレーション学会会長を務める鐘ヶ江秀彦氏らと共に2019年5月31日に発足する。

トヨタ・東大など、分散型電源活用の電力個人間売買システムを検証 画像
教育・受験

トヨタ・東大など、分散型電源活用の電力個人間売買システムを検証

 トヨタ自動車と東京大学およびTRENDEは、太陽光パネル・蓄電池・電動車などの分散型電源を活用した電力の個人間売買システムの共同実証実験を2019年6月17日から1年間、トヨタの東富士研究所と周辺エリアで実施する。

三菱ふそう、東北大学と産学協力…社員による講義など実施へ 画像
教育・受験

三菱ふそう、東北大学と産学協力…社員による講義など実施へ

 三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は2019年5月21日、東北大学大学院工学研究科に「三菱ふそう実践的工学教育プログラム共同研究部門」を創設・設立し、共同研究契約を締結したと発表した。

群馬大×住友ゴム、完全自動運転車が安全に走行できるタイヤの共同研究開始 画像
教育・受験

群馬大×住友ゴム、完全自動運転車が安全に走行できるタイヤの共同研究開始

 住友ゴム工業は2019年5月8日、自動運転を開発している群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センター(CRANTS)との協業で、レベル4(限定地域での完全自動運転)に対応したタイヤ周辺サービスの共同研究を開始すると発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 20
  9. 最後
Page 1 of 20
page top