【夏休み】上野動物園、閉園後「セミとコウモリの観察会」8/1

趣味・娯楽 その他

セミの羽化
  • セミの羽化
  • コウモリの観察
 上野動物園は「セミとコウモリの観察会」を8月1日に閉園後の園内で開催する。対象は小学生以上で、セミの幼虫が土の中から出てきて羽化するようすを観察したり、コウモリが出す超音波を特殊な機械で聞いたりする体験ができる。

 「セミとコウモリの観察会」は、同園が身近な野生の生き物を観察して親しんでもらうため、毎年夏に開催しているもの。 園内の不忍池周辺は、野生のセミとコウモリの絶好の観察スポットで、セミの幼虫が地中から出てきて木に登り羽化するようすや、夕暮れから夜空を飛び始めるコウモリのようすを観察することができるという。

 対象は小学生以上で、中学生以下は保護者の同伴が必要。はがき、またはメールで応募する。応募者多数の場合は抽選となる。

◆「セミとコウモリの観察会」
日時:2015年8月1日(土)17:30~20:40
場所:上野動物園西園不忍池周辺
対象:小学生以上100名
応募:はがきまたはメールで申し込む。締切りはともに7月11日(土)必着分まで。
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)