15年目の公文EIC…2日程で英語力向上図る

教育・受験 学習

KUMON EIC
  • KUMON EIC
  • 4daysのプログラム
  • 6daysのプログラム
  • プログラム内容紹介(一部)
 公文教育研究会は、小学生が世界各国出身の学生たちと英語でコミュニケーションを図りながら生活をともにする「イングリッシュ・イマージョン・キャンプ(EIC)」を8月に開催する。15年目を迎える2015年のEICには、小学3~6年生約320名の参加が決定している。

 EICは、「これからの時代を生きる子どもたちに、英語でコミュニケーションできる力をつけてもらい、地球社会に貢献できる人財に育ってもらいたい」という強い思いから、2001年より毎年活動を続けている国際理解を深めるためのキャンプ。

 2015年のEICは、6daysと4daysの2コースの日程で開催する。参加するのは小学3~6年生で、6daysでは英検3級以上または公文式英語II教材以上の学習、4daysでは英検4級または公文式英語G2~I1教材の学習程度の英語力を応募時点で満たしていることが参加条件となっている。

 EICでは、「間違いを恐れないで、英語でのコミュニケーションに挑戦しよう」をスローガンに、イングリッシュフェスティバル(英語ゲーム大会)やマイホームタウン(出身地の紹介)、ワンダーランド(世界の現実を学ぶ)、マイドリーム(将来の夢を描く)など、さまざまな英語を使ったコミュニケーションプログラムに挑戦。コミュニケーションの成功体験を持つとともに相互理解と異文化交流を直に体験する。

 開催日程は、6daysが8月6日~11日および8月18日~23日、4daysが8月1日~4日および8月12日~15日。滋賀県ホテル琵琶湖プラザと静岡県公文国際学園伊豆研修センターにて開催される。なお、2016年EICに関する募集要項は2016年3月上旬に発表となる予定。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)