ASUS、Androidタブレット新モデル3機種発表

デジタル生活 モバイル

2,048×1,536ピクセルの高精細液晶の「ZenPad S 8.0」
  • 2,048×1,536ピクセルの高精細液晶の「ZenPad S 8.0」
  • SIMフリータブレットで通話も可能な「ZenPad 8.0」
  • 10.1型SIMフリータブレット「ZenPad 10」
 ASUSは6日、Androidタブレット「ZenPad」シリーズの新モデル3機種を発表した。高精細液晶で筆圧ペンに対応した上位モデルの「ZenPad S 8.0」、LTEに対応し、通話も可能なSIMフリーモデルの「ZenPad 8.0」、SIMフリーのLTEモバイル通信に対応した10.1型「ZenPad 10」がラインナップされる。発売は8月下旬で、価格はオープン、予想実売価格は29,800円前後から。

 いずれの機種も、周囲の環境に合わせ、コントラストとシャープネスを自動調整する独自の映像テクノロジー「VisualMaster」搭載で屋外での視認性も大幅にアップさせた。また、タブレットでは世界初となる「DTS-HD Premium Sound」対応で、5.1chに対応し立体的で臨場感のあるバーチャルサラウンドサウンドに変換することが可能となるなど、エンターテイメント関連を強化した。

 ハイスペックモデルの「ZenPad S 8.0」は、7.9インチ、2,048×1,536ピクセルの高精細液晶にAndroid 5.0を搭載。プロセッサ/メモリ/ストレージ違いでAtom Z3580/メモリ4GB/ストレージ32GBモデルが実売39,800円前後、Atom Z3560/メモリ2GB/ストレージ16GBモデルが実売33,800円前後となる。カメラは800万画素/500万画素。筆圧ペンに対応し、スタイラスペン「Z Stylus」もオプションで用意される。

 Wi-FiモデルでIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1に対応。インターフェースとしてUSB Type-C、microSDカードスロットなどを備える。本体サイズは幅134.5mm×高さ203.2mm×奥行6.6mm、重量は298g。

 「ZenPad 8.0」はSIMフリータブレットで通話も可能。LTE/3G/GSMに対応する。仕様は8インチ、1,280×800ピクセル液晶、OSはAnrroid 5.0、プロセッサはSnapdragon 410、メモリ2GB、ストレージ16GB。カメラは800万画素/200万画素。本体サイズは幅123mm×高さ209mm×奥行8.5mm、重量は約350g。予想実売価格は29,800円前後。

 「ZenPad 10」はデータ通信に対応したSIMフリータブレット。通話には非対応となる。仕様は10.1インチ、1,280×800ピクセル液晶、OSはAndroid 5.0、プロセッサがAtom Z3560、メモリ2GB、ストレージ16GB。カメラは500万画素/200万画素。本体サイズは幅251.6mm×高さ172mm×奥行7.9~8.9mm、重量は約510g。予想実売価格は33,800円前後。

ASUS、高精細液晶搭載ハイスペックモデル「ZenPad S 8.0」など3機種発表

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)