購入ピークは8月…最近のランドセル事情まとめ

教育・受験 その他

コクヨ×あんふぁんランドセル
  • コクヨ×あんふぁんランドセル
  • ランドセルの購入時期
  • セイバン
  • ランドセル工業会
 ランドセルの購入時期は年々早期化しており、ここ数年は7月頃から店頭に並び始め、8月に購入のピークを迎え、9月には半数以上が購入を済ませているという。最近のランドセルの色や素材、大きさはどのような傾向があるのだろうか。

 リビングくらしHOW研究所とあんふぁんが4月6日に共同で発行した「ランドセル&入学準備白書」によると、ランドセル購入のピークは、年長の8月がピークで、女の子の方が早い傾向にある。人気の色・柄を確保するためと思われる。

 また、三越伊勢丹の特設Webサイト「ランドセルのいろは」によると、ここ数年の間に少しずつランドセルが大きくなっている。A4クリアファイルを使用する小学校が増えてきていることからランドセルのサイズが大きくなり始め、最近はクリアファイルよりも一回り大きいA4フラットファイルを使用する学校もでてきており、それに合わせてより大きなランドセルも販売している。

 このほか同サイトでは、ランドセルに使われる素材や人気の色なども紹介しており、素材は「クラリーノ(人工皮革)」「牛革」「コードバン」の3種類が中心で、色は「ブラック」「ビビッドピンク」「レッド」が人気だという。

 大手メーカーではどのようなランドセルを販売しているのだろうか。セイバンは、背負いやすさを追及した「天使のはね」機能を備えたランドセルを提供。「モデルロイヤル」「モデルロイヤル・レジオ」「ラブピ」「ワンパ」「コンバース」の5種類のラインアップを取り揃える。

 コクヨS&Tと産経リビング新聞社と共同開発した「あんふぁんランドセル2016年モデル」は、一般的なランドセル(3Lサイズ)の外寸法はほぼそのままキープし、大マチの容量を約30%アップさせた「タテヨコスーパーワイドサイズ」を採用。継続商品である「スポーツエディション・ブリティッシュスタイル」「スイーツコレクション・プレミアムパール」「スポーツエディション」「スイーツコレクション」「ロマンティックパール」の5種類に加え、今回の新モデルの登場でよりお気に入りのモデルを選ぶ選択肢が拡がった。

 なお、ランドセル工業会の加盟団体が提供するランドセルには「6年間保証」が付いており、全国どこで購入してもアフターケアがスムーズに受けられる。ランドセル工業会のホームページでは、購入時のポイントやお手入れの方法、ずっときれいに使うコツなども紹介している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)