立教大とピジョン、ぴったりフィットのベビーシューズ共同開発

生活・健康 衣料

そだちおうえんシューズ
  • そだちおうえんシューズ
  • そだちおうえんシューズ 各STEP
 立教大学とピジョンは、「育ち応援シューズ」の新モデルとして共同開発したベビーシューズ「そだちおうえんシューズ」を8月17日に発売した。サイズは11.0cmから15.5cmまでで、価格は4,752円(税込)。

 リニューアルされた「そだちおうえんシューズ」は、”赤ちゃんの足にぴったりとフィットするシューズ”をコンセプトに、はだし感覚で歩くことができるよう、さまざまな工夫が施されている。インソール部分は低反発スポンジを採用した3層構造になっており、赤ちゃんが足指にしっかりと力を入れ、はだし感覚で歩くことができる。

 商品開発にあたっては、立教大学コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科の加藤晴康准教授が、整形外科医としての経歴や研究を活かし、2011年9月よりピジョンと共同研究を行ってきた。加藤准教授は、最初のコンセプト作成から商品設計、開発・完成まで携わっている。

 「そだちおうえんシューズ」は全国で発売中。月齢によってSTEP1から3まで3段階に分かれており、カラーは各STEP、ピンク系・イエロー系・ブルー系の3種類で展開している。

◆そだちおうえんシューズ STEP1/STEP2/STEP3
サイズ:11.0cm~15.5cm(0.5cm刻み)
価格:4,752円(税込)
発売日:8月17日
発売地区:全国
カラー:各STEPで3種類
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)