スタントマンによる自転車事故再現、JR上野駅前で安全教室

 台東区は、9月26日に、JR上野駅前で「自転車安全利用促進キャンペーン」を開催する。トークショーが実施されるほか、スケアードストレイト(スタントマンによる事故再現)方式による安全教室などを行う。

生活・健康 小学生
自転車利用時のヘルメット着用推進に取り組む「自転車ヘルメット委員会」が発足
  • 自転車利用時のヘルメット着用推進に取り組む「自転車ヘルメット委員会」が発足
台東区は、2015年9月26日(土)に、JR上野駅前で「自転車安全利用促進キャンペーン」を開催する。

「自転車安全利用促進キャンペーン」は、東京都台東区自転車安全利用促進条例の施行にあわせ、開催されるキャンペーンだ。条例は、自転車の安全利用を促進するために6月に制定。10月1日から施行される。条例の内容は、台東区、自転車利用者、学校、保護者などが、ルールやマナーの遵守、点検整備の促進、賠償責任保険の加入の促進等を責任を持って推進していくことを定めている。

キャンペーンでは、自転車ツーキニストとして有名な自転車活用推進研究会理事の疋田智さんと、たいとう観光大使で自転車にも造詣が深いなぎら健壱さんとによるトークショーが実施されるほか、スケアードストレイト(スタントマンによる事故再現)方式による安全教室などを行う。なお、キャンペーンは、JR上野駅前にて道路を封鎖して開催される。

開催日時は、2015年9月26日(土)午前10:30~午後0時。荒天の場合は、9月27日(日)午前10:30~午後0時開催。JR上野駅 浅草口タクシー乗り場にて行われる。

JR上野駅前で「自転車安全利用促進キャンペーン」開催

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)