カスペルスキーとCODE BLUE、学生無料招待やインターンなど育成支援

 カスペルスキーとCODE BLUE実行委員会は、若手セキュリティ人材の育成を支援すると発表した。CODE BLUE事務局では、若手のキャリアパスの一助となるインターンの受け入れなども計画している。

デジタル生活 大学生
CODE BLUE
  • CODE BLUE
  • カスペルスキー
  • 若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)
株式会社カスペルスキーとCODE BLUE実行委員会は10月1日、若手セキュリティ人材の育成を支援すると発表した。その取り組みとして、CODE BLUE実行委員会では10月28日および29日に東京で開催される情報セキュリティ国際会議である「CODE BLUE」において、グローバルに活躍できるセキュリティ人材育成の貢献を願い、講演者の年齢を24歳以下に限定したUnder-25講演枠を新設する。

カスペルスキーもCODE BLUE実行委員会に賛同し、情報セキュリティ従事者を志す、もしくは興味がある24歳以下の学生10名をCODE BLUEに無料招待し、国際会議での講演や海外の技術者との交流を通した、セキュリティ分野における人材育成への貢献を目指す。またCODE BLUE事務局では、CODE BLUE開催当日にUnder-25スピーカーと招待学生の交流の場として、ランチミーティングを設定する。さらに、開催後日ではカスペルスキー独自のフォローアップとして、若手のキャリアパスの一助となるインターンの受け入れなども計画している。

若手人材の育成支援を目的に、学生のCODE BLUE無料招待など実施(カスペルスキー、CODE BLUE事務局)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)