【年末年始】JAF、クルマで出かける際のチェックポイントを紹介

趣味・娯楽 その他

年末年始はJAFの救護出動が増える
  • 年末年始はJAFの救護出動が増える
  • JAF
 JAF(日本自動車連盟)は、帰省や冬レジャーなどクルマでの遠出が多くなる年末年始に向けて、クルマで出かける際にチェックしてほしいポイントをまとめて紹介した。「バッテリー」「タイヤ」「燃料」など、事前チェックで万全のトラブル対策をしてほしいと呼びかけている。

 JAFが年末年始にクルマで出かける際のチェックポイントとしてあげたのは、「バッテリー」「タイヤ」「燃料」の3つ。2014年の年末年始(2014年12月27日~2015年1月4日)にJAFが救護出動した件数は8万1,928件、約9.5秒に1件の割合で、中でももっとも多い依頼が「バッテリー上がり」だったという。気温が低いとバッテリー液の温度が下がり、バッテリーの能力も低下する。バッテリーは消耗品で使用環境によって劣化が進行している場合もあるため、カーディーラー、ガソリンスタンド、カーショップなどで事前にバッテリーチェックすることを勧めている。

 タイヤの空気圧チェックや降雪地でのタイヤチェーンなどの準備も必要だ。タイヤの空気圧が適正でないと、パンクやバーストの危険性が高まるだけでなく、燃費も悪くなるためガソリンスタンドなどでチェックすることが有効だという。降雪地や山間部の道路だけでなく、思いがけず積雪や凍結に遭うことも予想されるため、タイヤチェーンやスタッドレスタイヤは忘れずに準備したいところ。スタッドレスタイヤ交換時のナットの締め忘れや、タイヤチェーン装着時のゆるみなどにも注意が必要だという。

 また、高速道路上はガソリンスタンドがない区間が長い、営業時間外などの場合もあるため、長距離ドライブの際は早めの給油を心がけたい。さらに冬は「軽油の凍結」にも注意が必要。比較的温暖な地域で販売されている軽油を入れたクルマが、気温が低いスキー場などに長時間駐車した場合、軽油の流動性が失われ燃料が噴射できずにエンジンがかからなくなることがあるという。軽油の凍結を防ぐには、出かけた先の寒冷地で給油する方法がもっとも簡単だ。なおガソリンは凍結する心配はない。

 JAFでは年末年始の期間、トラブルによる救援依頼が増加することが予想されるため体制を強化して対応していくという。

《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)