スイーツ・雑貨・アトラクション…横浜赤レンガ倉庫でいちご祭り

生活・健康 その他

「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 純生あまおうロール
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 純生あまおうロール
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 スカイベリーのパフェ
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル」昨年開催の様子
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 イチゴの手づくりアクセサリー
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 季節のフレッシュフルーツカクテル 苺
  • 「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」 ストロベリー・チーズケーキ
横浜赤レンガ倉庫にて、 2月6日(土)から 14日(日)までの9日間、「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」が開催される。

本イベントは、年が明けると旬がやってくる"いちご"に関するスイーツや雑貨、アトラクションを取りそろえ、子どもから大人まで楽しめるコンテンツが満載。2013年に初めて開催され、昨年は開催期間3日間で5万9000人以上の来場者を記録。4回目を迎える今年は過去最長期間となる9日間での開催だ。

横浜赤レンガ倉庫イベント広場に設置される特設テント「いちごマーケット」では、今年初出店となる6店舗含め、老舗から新感覚スイーツを提供するお店やいちごの雑貨など、合わせて15店舗が集結。「いちごのロールケーキ」や「いちごチーズケーキ」など、初登場のスイーツから、イベント限定の「スカイベリー大福」や「いちごカップケーキ」、「いちごカチューシャ」などが販売される。

横浜赤レンガ倉庫内の店舗にもいちごメニューやアイテムが揃う。注目は、横浜赤レンガ倉庫2号館1階にある「YOKOHAMA BASHAMICHI ICE(ヨコハマ バシャミチ アイス)」で数量・期間限定で提供される貴重な高級いちごの新品種「スカイベリー」がたっぷり堪能できる「スカイベリーのパフェ」だ。「スカイベリー」は、「いちご王国とちぎ」が17年の歳月をかけて10万株から選び抜き作り上げたいちご。また、レストランやカフェでも、日本を代表する人気品種「とちおとめ」を使用した期間限定のコラボメニューを展開する。

さらに、今年初めての試みとしては、福島県いわき市の協力により、「ふくしまの春の息吹と甘い香りをいち早く消費者に届け、幸福感をともに味わいたい」という意味が込められ名づけられた、福島県のオリジナル品種「ふくはる香」のサンプリングや、 JA全農とちぎの新鮮な「とちおとめ」のサンプリングも行われる。

尚、2月6日(土)~2月8日(月)の間、横浜赤レンガ倉庫1号館2階「THE FLOWER APARTMENT CAFE」 にて、食品サンプル製作体験(要予約・有料)も開催され、入場料は無料。旬のいちごを満喫する1Week、横浜赤レンガ倉庫へお出かけしてみてはいかが?

【3時のおやつ】「横浜ストロベリーフェスティバル 2016」で旬のいちごを満喫!

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)