トヨタのクルマづくりを聾学校児童が体験、1973年より毎年開催

教育イベント 小学生

聾学校トヨタ見学会(昨年の様子)
  • 聾学校トヨタ見学会(昨年の様子)
  • 聾学校トヨタ見学会(昨年の様子)
  • 聾学校トヨタ見学会(昨年の様子)
  • 聾学校トヨタ見学会(昨年の様子)
トヨタ自動車は、名古屋トヨペット、ネッツトヨタ静浜と共同で、2月4日・9日の両日、同社施設トヨタ会館(愛知県豊田市)にて「第43回聾学校トヨタ見学会」を開催する。

同見学会は、社会貢献活動の一環として1973年より毎年開催しており、今回で43回目。これまで3800名以上を招待しており、今年は岡崎、千種、一宮、豊橋、浜松の5校を招待し、トヨタ会館および工場の見学会を実施する。そのほか、デザイナーが描いた燃料電池自動車「MIRAI」のスケッチ画へ実際にデザイナーが使用する道具で色付けし、クルマづくりの一部を体験する。

また、聾学校を卒業したトヨタ自動車社員12名および、トヨタ販売店スタッフ10名が終日同行し、工場と販売店の仕事内容を紹介。自動車産業への理解を深めてもらうとともに、先輩社員との交流を通して、児童の自信や励みに繋げてもらうことを目指している。

トヨタ自動車など、聾学校児童を招待…工場見学やカーデザインを体験

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)