国算理社を1冊で…リヒトラブが通塾にピッタリなノートを発売

教育・受験 小学生

 事務用品の製造販売を行うリヒトラブは国語・算数・理科・社会を1冊にまとめた小学生向けバインダー式ノート「ツイストスタディノート」を4月13日に発売する。サイズはセミB5縦型で販売価格は1冊470円(税別)となっている。

 1938年に「田中経人商会」を創業、1991年に現在の「リヒトラブ」に社名を変更した同社は、大阪の本社をはじめ東京・大阪・福岡など9つの事業所を展開。カラーの豊富なクリアファイルやリングノートだけでなく、2月から新たに発売されたハイグレードな机上収納用品「Deskit ALUMI(デスキット アルミ)シリーズ」では、シンプルな中にも木のぬくもりを感じさせるオシャレなオフィスを彩る製品を取りそろえる。

 ツイストスタディノートは小学生で学ぶ国語・算数・理科・社会の4科目を1冊でカバーできる商品で、とじ具が開くのが特徴。科目名がついたインデックス付きで、リーフの入替ができることによりリーフの状態でノートを取ることができ、両端まで不自由なく使うことができる。また、予習・復習のリーフを差し込んだり、使用枚数の異なる科目ごとにページを足すことができるなど自分仕様のオリジナルノートとして活躍する。

 裏表紙にはインデックスが波型加工になっておりめくりやすく、5ミリ方眼に十字リーダーが入った汎用性のあるノートになっている。国語は右開きがしやすいよう裏表紙から開くようになっているなど工夫も多く、それぞれ使い終わったリーフは科目ごとに別売りの保存用バインダーへ収納することもできる。本体価格は1冊470円(税別)、サイズはセミB5(12ミリ×195ミリ×252ミリ)、カラーはピンクとブルーの2色から選べる。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)