“Bean to Bar”チョコのMinimal、銀座にテイクアウト専門店オープン

生活・健康 その他

商品に焙煎やカカオ濃度などレシピを書いた商品カードつき
  • 商品に焙煎やカカオ濃度などレシピを書いた商品カードつき
  • 入口右手のコンクリートは板チョコのデザイン
  • グレーを基調とした都会的な洗練されたデザイン
  • 正面はお客様と会話するカウンター_ショーケースはあえて背面に
  • チョコになる前のペースト状のカカオ豆を試食
  • 常時6、7種類のカカオ豆を使用したタブレットを用意
  • 味わいや香りごとにNUTTY,FRUITY,SAVORYの3種類にカテゴリ分け
  • タブレットは単品販売のレギュラーサイズと詰めわせセットのミニサイズを用意
“Bean to Bar”チョコレートブランド・ミニマル(Minimal)を展開するチョコレートメーカーのBaceが6月1日、東京・銀座に“カカオ豆の違いを気軽に楽しむ”がコンセプトの新路面店「Minimal 銀座ビーントゥバースタンド(Bean to Bar Stand)」(東京都中央区銀座3-8-13 光生ビル1階)をオープンする。

松屋銀座の裏手の銀座・目抜き通り近くに立地する同店は、店内中央に設ける大きなカウンターテーブルで世界各国のカカオ豆を試食しながら好みのチョコレートを選べるテイクアウト専門店。店内ではカカオ豆からチョコレートができるまでの“製造工程を試食”できるようになっている。試食用として提供されるのは、焙煎したてのカカオ豆、そのカカオ豆を砕いた“スーパーフード”としても話題の「カカオニブ」、それをすり潰してペースト状にしたもの、さらに冷やして成形したチョコレートの完成形の4工程。産地で異なる風味の違いはもちろん、カカオ豆からチョコレートになるまでの味の変化も楽しめる。

店内では、世界3大陸15ヶ国以上から買い付けたカカオ豆を使ったタブレット型のビーントゥバーチョコ(900円から)を販売。ナッツのような香ばしい香りの「ナッティ(NUTTY)」、果実のような酸味が特徴の「フルーティ(FRUITY)」、スパイスやハーブのような個性的な香りの「セイバリー(SAVORY)」の3カテゴリーに分けた異なる風味を常時6、7種類そろえる。ミニサイズも用意し、好みの3種類を詰め合わせできる「テイスティングセット」(2,130円)としても販売する。

また、産地ごとのカカオニブをメレンゲに練りこみ焼き上げた「カカオニブ メレンゲ」(600円)や、ミルクやお湯に溶かして自分でドリンクを作るパウダー状の「チョコレートフレーク」(1,200円)などのカカオ菓子も販売。カカオ豆とミルク、砂糖、はちみつで作る「チョコレートアイス」(650円)も、板チョコと同様「ナッティ」、「フルーティ」、「セイバリー」の3カテゴリーに分けて6、7種類用意される。

ドリンクでは、カカオの果肉を絞ったトロピカルフルーツのような味わいの「カカオパルプジュース」(400円)や、カカオ豆の発酵による醸造香をダイレクトに感じることができる、濃厚でトロっとした豆の舌触りが特長の「ホットチョコレート」(650円)、チョコドリンクに生姜などのスパイスを加えたエナジードリンク「ショコラトル」(650円)などを販売。その他、贈答用には、板チョコ3種類と「チョコレートフレーク」2種類を詰め合わせた「ギフトBOX」(6,500円から)も販売される予定だ。

“Bean to Bar”チョコレートMinimalが銀座にテイクアウト専門のチョコスタンドをオープン

《HEW》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)