白亜紀の恐竜を実物大で楽しめる3Dシアター…ラグナシア

デジタル生活 小学生

 愛知県のリゾート施設ラグーナテンボスのテーマパーク「ラグナシア」では、avex360°3Dシアターで「DINOSAUR Adventure with Da-iCE(ダイナソー アドベンチャー ウィズ ダイス) 恐竜世界の冒険」を7月2日より上映する。

 ラグナシアに常設されているavex360°3Dシアターは、直径16メートル、高さ6メートルの円形スクリーンを設置。3Dメガネを着用した観客は、シアター内のどこの席からでも、物体が目の前にいるような臨場感や、物体が自分の体を突き抜けていくような感覚を体験できる。

 7月2日から上映される「DINOSAUR Adventure with Da-iCE」は、「過去」をテーマに企画したマジカルツアーに、5人組のダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」が参加し、恐竜が生存していた時代を冒険する物語。恐竜キャラクター監修は、恐竜の化石研究の第1人者である富田京一氏が務めた。恐竜の全身は羽根で覆われていたという学説にもとづき、「羽毛恐竜」に焦点を当てている。円形スクリーンから実物大の恐竜が飛び出してくる臨場感と、リアルな恐竜を表現した映像は、エンターテイメントとしてはもちろん、教育的観点からも楽しむことができるという。

 料金は500円。パスポートを持っている場合は400円。別途、ラグナシア入園券が必要。

◆ラグナシア「DINOSAUR Adventure with Da-iCE」
期間:7月2日(土)からスタート
料金:500円(パスポートを利用している場合は400円)※要ラグナシア入園券
上映時間:約8分
席数:151席
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)