東京ディズニーランド、新エリアでドナルドとデイジーがお出迎え

趣味・娯楽 その他

「キャンプ・ウッドチャック」イメージ
  • 「キャンプ・ウッドチャック」イメージ
  • 新メニュー「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」
  • 「キャンプ・ウッドチャック」イメージ
東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーランドのウエスタンランドに、ディズニーのコミックブックに登場した「ジュニア・ウッドチャック」シリーズの世界をテーマにした新エリア、「キャンプ・ウッドチャック」を11月22日(火)にオープンすることを決定した。レストランやグッズを扱うショップのほか、キャラクターグリーティング施設にはドナルドダックとデイジーダックが登場するという。

「ジュニア・ウッドチャック」シリーズとは、ドナルドダックの甥であるヒューイ、デューイ、ルーイたちが野外活動を通して自然を満喫するグループ「ジュニア・ウッドチャック・オブ・ザ・ワールド」のメンバーとなって、アメリカ原生地を舞台に楽しく活躍するディズニーのコミックブックのこと。同シリーズをテーマとした新エリアの「キャンプ・ウッドチャック」には、東京ディズニーランドでは2つ目のキャラクターグリーティング施設となる「ウッドチャック・グリーティングトレイル」が登場。ドナルドダックとデイジーダックが同エリア限定のかわいらしいコスチュームを着て、ゲストを歓迎するという。

また、飲食施設となる「キャンプ・ウッドチャック・キッチン」も新設する。屋内ダイニングエリアや見晴らしが良いテラス席を含めた屋外席など、約440席を持つレストランとして登場する予定だ。キャンプをイメージして開発したメニューには東京ディズニーリゾートでは初登場のワッフルを使用したサンドや、アメリカなどでキャンプの定番メニューである“スモア”(=焼いたマシュマロとチョコレートを使った、キャンプファイヤーで人気のデザート)をイメージしたデザートなどを販売。世界観が広がるメニューに期待だ。

そのほか、「キャンプ・ウッドチャック」のエリア近辺には、新しい商品ワゴン「ハッピーキャンパーサプライ」も登場。オリジナルグッズも一部販売する。アメリカ河沿いの大自然を背景に誕生する新エリア、「キャンプ・ウッドチャック」のオープンが待ちきれない!

※本施設のオープンに伴い、東京ディズニーランドのキャラクターグリーティング施設数は合計2施設、飲食施設数は合計52施設、商品販売施設は合計51施設となります。

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

【ディズニー】ドナルドとデイジーにも会える!ウエスタンランドに新エリアが誕生

《text:cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)