Amazon Inspireとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

教育ICT 先生

「Amazon Inspire」ベータ版サイト
  • 「Amazon Inspire」ベータ版サイト
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆Amazon Inspireとは


【読み】アマゾン インスパイア
【表記】Amazon Inspire
【分類】ソフトウェア
【ひとことで言うと】
「2016年6月に発表された、ECサイトのアマゾンによる、教材の検索・共有サービス」
【解説】
 「Amazon Inspire」は、米Amazonが2016年6月に発表した、教材の検索・共有サービス。学校関係者や保護者向けにベータ版が公開されており、現時点では、アメリカ国内でのみ利用可能。今後、日本国内で同様のサービスが提供されるかどうかは、2016年6月時点では未定だ。

 「Amazon Inspire」は、専用サイトが公開中。アマゾンのショッピングサイトと似た見た目になっており、直感的に教材を検索・入手することが可能だ。無料で利用可能になっており、教育現場のユーザーは、さまざまな教育コンテンツを無料で利用可能になっている。

 K-12(幼稚園児~高校生)向けに利用可能な、動画・画像・オリジナル教材が用意されており、ダウンロードが可能となっている。自作教材を投稿することもできる。米国の大学情報サービス「College Scorecard」により情報も掲載するとのこと。レビュー欄を活用することで、教材活用のノウハウを、教師同士が共有することもできる模様だ。

【関連用語】LCMS、LMS
【最終更新日】2016年7月2日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)