さかなクンたちが先生、親子で学ぶ天王洲の夏「こども大学」7/16・17

趣味・娯楽 小学生

 天王洲・キャナルサイド活性化協会は、東京都品川区の天王洲運河一帯を舞台に、7月15から18日に天王洲キャナル夏フェス「CINEMA CARAVAN in 天王洲」を開催する。こども大学、水辺の芸術祭・映画祭などが実施され、キャナルサイドの飲食店によるブースも出店。すべて入場無料だが、「こども大学」のみ事前申込が必要。

 「天王洲キャナル夏フェス」は、2016年で4年目を迎える夏限定の催し。今回は「水辺で考える海と文化」をテーマに、国内外で活動するアートプロジェクト「CINEMA CARAVAN」を迎え、「海と日本プロジェクト」の一環として近隣地域や行政が一丸となって開催する。「こども大学」「水辺の芸術祭」「水辺の映画祭」など、身近で多彩な魅力に溢れた海と水辺の楽しさを多角的に体験できる。

 東京海洋大学品川キャンパス白鷹館で7月16日・17日に開催される「こども大学」では、海や自然、生物多様性、船舶の歴史などを、東京海洋大学の「さかなクン」をはじめとする教授陣や海洋冒険家やアーティスト達と一緒に、親子でわかりやすく学ぶ。参加料金は無料で、事前に「CINEMA CARAVAN in 天王洲」Webサイト内からアクセスできるPeatixにてチケットを予約する。募集人数は300名。

 「水辺の芸術祭」では、世界のアートプロジェクト「CINEMA CARAVAN」と ビジュアル・コミュニケーションのエキスパートのamanaが会場一帯を「夏祭り」をテーマとした装飾や「水」に関する写真展示などを行い、子どもから大人までが楽しめる非日常空間を創出する。場所は王洲アイルBond Street「ボードウォーク」。時間は、7月15日午後5時から9時と、7月16日から18日午前11時から午後9時までの間。

 天王洲アイル「ボードウォーク」ではさらに、7月15日から19日の午後7時半から8時半まで、天王洲のビルが巨大スクリーンに変わり、天王洲運河が野外映画館となる「水辺の映画祭」が行われる。海や水辺の関する映画や、CINEMA CARAVANのオリジナルフィルムなど、多彩な映像を上映予定。運河周辺の夜景とともに、迫力の映画鑑賞を楽しめる。料金は無料。さらに、有料で屋形船から巨大スクリーンによる映画を楽しむこともできる。入場人数に制限があり、参加を希望する場合はWebサイトからの事前予約が必要。

 詳細は、天王洲キャナル夏フェス「CINEMA CARAVAN in 天王洲」のWebサイトで確認できる。

◆天王洲キャナル夏フェス「CINEMA CARAVAN in 天王洲」イベント想定概要
日程:7月15日(金)~18日(月・祝)
※イベントの名称や内容は6月28日現在計画中のもの

「こども大学」
授業内容:敬称略
場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館
料金:無料
申込み方法:Peatixからチケットを予約する
定員:300名、親子参加可
7月16日(土)14:00~15:00「クジラと地球を生きるのだ!」加藤秀弘×画家・丸倫徳
7月16日(土)16:00~17:00「学ぼう、船の歴史!」庄司るり×現代美術家・栗林隆
7月17日(日)14:00~15:00「水辺の街、運河をキレイに!」佐々木剛×海洋冒険家・八幡暁
7月17日(日)16:00~17:00「海の生き物、海を守る!」東海正×さかなクン
※授業内容・担当講師は変更になる場合がある

「水辺の芸術祭」
日程:7月15日(金)17:00~21:00、7月16日(土)~18日(月・祝)11:00~21:00
場所:天王洲アイルBond Street ボードウォーク

「水辺の映画祭」
日程:7月15日(金)~17日(日)19:30~20:30 
場所:天王洲アイル ボードウォーク
料金:無料
※上映時間は天候等により変更になる場合がある
※上映内容や映画タイトルは都合により変更になる場合がある
《池野サキ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)