イー・ラーニング研究所・前原小が共同、アクティブラーニング普及へ

教育・受験 小学生

「FORCE Tab」対応コンテンツ一覧
  • 「FORCE Tab」対応コンテンツ一覧
  • 「FORCE Tab」
 eラーニングに関するサービスのさまざまなコンテンツを提供するイー・ラーニング研究所は8月12日、小金井市立前原小学校との共同プロジェクトを開始することを発表した。フォルス学習システムを導入し、タブレット端末500台を貸与する。

 これまでイー・ラーニング研究所では、子どもたちの知的好奇心を高め、グローバル時代に活躍できるスキルを養う場を提供するため、全国の施設へフォルス学習システムやタブレット端末の寄贈活動を行ってきた。また、小金井市立前原小学校の松田孝校長は、率先して全学年にプログラミング教室を実施するなど、新しい学びの要素を積極的に取り込んでいるという。

 今回の共同プロジェクトは、新たな学習指導要領で導入される「アクティブ・ラーニング」の普及支援が目的。フォルス学習システムを導入することで、教師や生徒の生の声を反映させた新コンテンツを共同開発する。また、生徒が1人1台タブレットを活用することで、教師が生徒個人の学習状況を把握。生徒ひとりひとりに合わせた教育活動を実施することで、先生は生徒自らが学ぶ環境を提供するファシリテーターとしての役割を実現できる。このほか、全学年の生徒にタブレットを活用したプログラミングの授業を実施する。

 貸与されるタブレット端末は「FORCE Tab」500台。小金井市立前原小学校は、今回のプロジェクトにより「アクティブ・ラーニング」を取り入れた授業を実現するための環境が整備される。8月22日には、小金井市立前原小学校にて貸与式を行う。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)