【台風10号】ウェザーニューズ、アプリで進路や最接近時間を配信

生活・健康 その他

ウェザーニューズは、台風による被害を最小限に抑えるため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「台風Ch.」や「ウェザーニュース台風NEWS」で台風10号情報の配信を開始した。

台風10号は30日に北日本太平洋側に上陸し日本海に抜けるという史上初のコースをとる予想。このため、これまで台風通過時に災害が起きたことがない場所でも、土砂災害・河川氾濫・暴風被害・高潮被害などに過去最大レベルの警戒が必要としている。

同社では、GPSを活用し自分のいる場所の台風最接近時間や雨風ピークなど台風見解が詳細にわかる「台風ピンポイント天気」、どこよりも早く運転見合わせや欠航がわかる「交通影響予測」、現在地の最新台風情報がスマホに届く「スマートアラーム(台風)」で提供する。

8月31日夜までの予想雨量(積算)は北日本太平洋側の多い所で200~300mm。沿岸を中心に暴風が吹き荒れ、東北の強い所では最大風速25~30m/s、最大瞬間風速30~50m/sを予想している。

台風10号に関する情報を配信…ウェザーニューズ

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)