麻布で新しい”ゆるスポーツ”を開発「国際交流」イベント

生活・健康 その他

新しいゆるスポーツを開発する「麻布ゆるスポーツユナイテッド2016」開催
  • 新しいゆるスポーツを開発する「麻布ゆるスポーツユナイテッド2016」開催
世界ゆるスポーツ協会は、東京都港区主催の「麻布ゆるスポーツユナイテッド2016」に協力し、皆がひとつになれる新しいゆるスポーツを開発する。

「麻布ゆるスポーツユナイテッド2016」は、「国際交流」をテーマに、3回のワークショップで外国人も日本人も皆がひとつになれる新しいゆるスポーツを開発し、実際に開発した種目を体験する地域密着型の企画だ。同協会は、イベントのスポーツ開発とイベント実施の監修を行う。

ゆるスポーツは、同協会が考案した誰でも楽しめる新しいスポーツ。勝っても負けても楽しめて、見た目がユニークな競技が開発されている。コンセプトはスポーツ弱者を、世界からなくす。これまでにベビーバスケット、イモムシラグビー、ハンドソープボールなどが公開されている。

ワークショップは第1回が11月22日(火)、第2回が12月2日(金)、第3回が12月18日(日)開催。 イベントは、2017年1月15日(日)に行う。会場は第1回・第2回が麻布区民協働スペース(東京都港区六本木5-16-46)、第3回・イベント日が東町小学校(東京都港区南麻布1-8-11)。参加対象は東京都港区在住、在勤、または在学者(外国人含む)。定員約20名。申込みは応募フォームから行う。

新しいゆるスポーツを開発する「麻布ゆるスポーツユナイテッド2016」開催

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)