【全国学力テスト】H29年度中学校事業、電通に委託

教育・受験 中学生

文部科学省「全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)」平成29年度の調査実施
  • 文部科学省「全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)」平成29年度の調査実施
  • 入札結果に係る情報(中学校) 文部科学省「全国的な学力調査(全国学力・学習状況調査等)」平成29年度の調査実施
 文部科学省は11月10日、平成29年度全国学力・学習状況調査(学力テスト)を実施するための委託事業(中学校事業)に関し、電通と委託契約を締結したことを発表した。契約金額は19億8,180万円(税込)。

 平成29年度学力テストにおける中学校第3学年の生徒を対象とした調査は、電通が実施する。電通の入札価格は18億3,500万円(税別)。総合評価得点は1,117.62点だった。このほか、ベネッセコーポレーションが19億7,000万円、内田洋行が20億20,000万円、教育測定研究所が20億5,0000万円で入札していた(いずれも税別)。なお、平成28年度の委託事業者は教育測定研究所。契約金額は24億948万円(税込)だった。

 電通は今後、事業の実施および事業の実施に係る一連の計画・体制・仕組みの構築のほか、調査資材の設計・作成・梱包・配送・回収・結果提供や採点・集計作業などを実施する。

 平成29年度学力テストの小学校事業がベネッセコーポレーションに委託されることが決定している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)