オックスフォード大学、コンチネンタルと人工知能の共同研究開始

教育・受験 大学生

コンチネンタルの人工知能研究のイメージ
  • コンチネンタルの人工知能研究のイメージ
  • コンチネンタルの人工知能研究のイメージ
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、コンチネンタルは11月11日、オックスフォード大学と人工知能分野で共同研究を開始した、と発表した。

コンチネンタルは、オックスフォード大学のエンジニアリングサイエンス学部と協力。将来のモビリティ強化への貢献が期待される人工知能アルゴリズムの使用と開発に焦点を当てた共同研究に取り組む。

コンチネンタルによると、これらのディープラーニングに関するアルゴリズムは、信頼性の高い視覚的な物体検出とヒューマンマシン間のダイアログを将来、実現する可能性を秘めているという。

3年間のパートナーシップの第1段階は、2016年11月初めに開始。オックスフォード大学の新しい博士号研究も予定されており、さらに、研究範囲と時間枠の拡大も計画されている。

パートナーシップの目的は、自動運転など、将来的なアプリケーションにおける使用の可能性を研究すること。コンチネンタルは、「このパートナーシップを通して自動運転や自律走行、カーアクセスシステムの改良、インテリジェントな警告システムによる事故被害の最小化、ドライバーと車両間の繊細な対話など、将来的な人工知能の使用に関する知見を得ることを期待している」とコメントしている。

コンチネンタルとオックスフォード大学、人工知能の共同研究を開始

《森脇稔@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)