神奈川県、46団体と高大連携コンソーシアム形成

教育・受験 高校生

県立高校生学習活動コンソーシアム(イメージ図)
  • 県立高校生学習活動コンソーシアム(イメージ図)
  • 「連携と協力に関する協定」を締結する機関・団体
 神奈川県教育委員会は11月25日、高大連携の取組み発展のための県立高校生学習活動コンソーシアムを形成し、31大学を含む46機関・団体との連携と協力に関する協定を締結する。

 県立高校生学習活動コンソーシアムは、神奈川県の「県立高校改革実施計画」に基づき、生徒の学習意欲や興味・関心、進路希望の実現に向けた学習ニーズに対応するため、大学や職業技術校など教育機関や企業・団体と連携協定を結び形成する。

 生徒はコンソーシアムを活用することで学習機会が拡大し、学習内容に応じて認められた連携協定先での成果を、在籍する高校の認定により単位として修得できる。また、県立高校間での単位互換についてもシステムの構築を進める。

 コンソーシアム形成のための連携協定には、11月21日時点で中央大学、法政大学、横浜市立大学など31大学と10短大、神奈川県専修学校各種学校協会、神奈川県商工会連合会など4経済団体の計46機関・団体が参加する。

 協定締結式は11月25日、神奈川県立国際言語文化アカデミアにて実施。参加する機関・団体は、県立高校生学習活動コンソーシアム協議会を設置し、各機関・団体との連携強化や、生徒の主体的な学びへとつながるさまざまな教育機会提供の充実を図る。

◆「連携と協力に関する協定」締結式
日時:平成28年11月25日(金)14:30~15:15
場所:神奈川県立国際言語文化アカデミア 研修ホール
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)