【高校受験2017】神奈川県公立高、マークシート導入イメージ公表

 神奈川県教育委員会は平成28年12月15日、平成29年度(2017年度)公立高校入試におけるマークシート方式の導入について、リーフレットとサンプル解答用紙をWebサイトに掲載した。平成29年度はすべての公立高校で学力検査にマークシート方式を導入する。

教育・受験 中学生
 神奈川県教育委員会は平成28年12月15日、平成29年度(2017年度)公立高校入試におけるマークシート方式の導入について、リーフレットとサンプル解答用紙をWebサイトに掲載した。平成29年度入試はすべての公立高校で学力検査にマークシート方式を導入する。

 神奈川県公立高校入試では、平成27・28年度に多くの採点ミスが発覚。採点ミスを防止し、安心して受検できるよう、平成29年度の共通選抜では、学力検査を実施するすべての公立高校でマークシート方式を導入し、マークシート方式と記述式を併用することとした。

 リーフレットでは、解答用紙のイメージやマークシート方式の特徴、マーク欄の塗り方、適した筆記用具、マークミスでよくある事例などを紹介している。

 また、サンプル解答用紙は、平成28年度学力検査をもとに作成した、5教科の解答用紙を掲載。マークシート用紙の枠線の色は、今後、変更されることがあるという。

 なお、数学はこれまですべての問題が記述式だったが、記号選択式と記述式となる。数学の記号選択式の問題例も掲載している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)