新駅名「獨協大学前」は4/1に、東武鉄道・松原団地駅の改称

生活・健康 その他

松原団地駅の「獨協大学前」への改称は4月1日実施に決まった。画像は改称後の駅のイメージ。
  • 松原団地駅の「獨協大学前」への改称は4月1日実施に決まった。画像は改称後の駅のイメージ。
  • 獨協大学前駅の駅名標のイメージ。
東武鉄道・埼玉県草加市・松原団地駅名変更協議会の3者は1月25日、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)の松原団地駅について、4月1日に駅名を「獨協大学前」に変更すると発表した。

松原団地駅はスカイツリーラインの草加~新田間にある駅で、松原団地の最寄駅として1962年12月に開業。1964年には駅の近くに獨協大学が開学した。1日平均の乗降客数(2015年度)は5万6266人。

3者は2016年6月、駅名を「獨協大学前」に変更すると発表していた。今回の発表では「新年度が始まる同日(4月1日)に駅名を改称することで、地域の皆さまと、ともに新たな一歩を踏み出していきたいとの思い」を込めたとしている。国指定の名勝地「草加松原」を副駅名とすることで、観光客の誘致も目指す。

東武鉄道、松原団地駅の改称は4月1日に…新駅名は「獨協大学前」

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)