アスリートが運動の基礎を指導、東京「キッズアスレティックス」4-6月

生活・健康 未就学児

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • 開催日時
  • 予定の講師
  • 申込み方法
 東京都建設局、東京都公園協会は3月16日、トップアスリートが運動の基礎を教えるイベント「キッズアスレティックス ParksChallenge」を開催することを発表した。4月22日から6月3日にかけて、計6回を都内の公園広場などで開催する。対象は5歳から小学3年生まで。

 「キッズアスレティックス」は、国際陸上競技連盟(IAAF)が子どもの身体能力向上を目的に開発した世界共通プログラム。運動の基礎能力が大きく伸びる5歳から9歳(小学3年生)の子どもを対象に、「走る」「跳ぶ」「投げる」といった運動を、楽しみながら学習できる。

 キッズアスレティックス指導有資格者として、シドニー・アテネ五輪出場、世界陸上3大会出場の大島めぐみ氏、セビリア世界陸上出場、元走り高跳び日本記録保持者の君野貴弘氏、大阪世界陸上出場、110メートルハードル日本歴代7位の八幡賢司氏などが講師に予定されている。

 開催日時・場所は、4月22日が篠崎公園、4月29日が城北中央公園、5月14日が武蔵野中央公園、5月20日が水元公園、5月21日が砧公園、6月3日が光が丘公園。いずれも荒天中止・場所変更の可能性あり。時刻は午前10時から正午まで。武蔵野中央公園のみ、午前10時から11時までと、午前11時から正午までの計2回実施。定員は開催公園によって異なる。

 参加費は50円。参加申し込みは、サービスセンター窓口、電話、専用Webサイトにて、各会場ごとに参加申込みを先着順で受け付ける。受付開始日時は会場によって異なるため、東京都Webサイトで確認すること。運動ができる服装、シューズ、水分補給用の飲料、汗拭き用のタオルは自前で用意する必要がある。

◆キッズアスレティックス ParksChallenge
対象:5歳~小学3年生まで
定員:各回30名~50名※定員になり次第申込み終了
参加費:50円
協力:アシックスジャパン株式会社、一般社団法人キッズアスレティックスジャパン
申込方法:サービスセンター窓口、電話、専用Webサイトにて受け付ける
<開催日時・会場・定員>
2017年4月22日(土)10:00~12:00
 会場:篠崎公園(多目的広場)
 定員:50名
2017年4月29日(土・祝)10:00~12:00
 会場:城北中央公園(陸上競技場)
 定員:30名
2017年5月14日(日)10:00~12:00、11:00~12:00
 会場:武蔵野中央公園(原っぱ広場)
 定員:40名
2017年5月20日(土)10:00~12:00
 会場:水元公園(せせらぎ広場前)
 定員:30名
2017年5月21日(日)10:00~12:00
 会場:砧公園(芝生広場)
 定員:30名
2017年6月3日(土)10:00~12:00
 会場:光が丘公園(太陽休憩舎横)
 定員:30名
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)