家族称えるディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」12/23公開

趣味・娯楽 その他

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」2017年12月日本公開  “死者の国”が舞台に
  • ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」2017年12月日本公開  “死者の国”が舞台に
  • ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」2017年12月日本公開  “死者の国”が舞台に
このたびディズニー/ピクサーの最新作である『COCO』の邦題が『リメンバー・ミー』に決定し、日本では2017年12月23日より公開されることが明らかになった。

『リメンバー・ミー』は、第83回アカデミー賞で2部門に輝いた『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が手掛ける最新作。1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという“死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられる、笑いと感動のミステリーアドベンチャーだ。
音楽を禁じられた少年・ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクターを主人公とするストーリーの重要なカギは、タイトルにもなっている“リメンバー・ミー”という楽曲が握っているという。

ピクサー・アニメーション・スタジオのジョン・ラセターは『リメンバー・ミー』について、「家族を称え、そして同時に祖先を称える作品でもあります」と語る。
さらに「日本でもとても重要なことですよね。物語の舞台こそメキシコに設定されていますが、そのテーマ性は普遍的であり、どの国でも変わらないものです」と続けたうえで、作品に込められた思いについて「私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます」とコメント。
日本公開に向けて「『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います」とのメッセージを寄せた。

誰も見たことのない、でも誰もが行ってみたくなる死者の国で繰り広げられる、ピクサー史上最もエモーショナルで奇想天外なファンタジーが描かれる『リメンバー・ミー』。今冬の日本上陸が待ち遠しい作品となりそうだ。

『リメンバー・ミー』(原題:COCO)
2017年12月23日(土)全国ロードショー

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサー最新作「リメンバー・ミー」2017年12月日本公開 “死者の国”が舞台に

《仲瀬 コウタロウ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)